ふくおかフィナンシャルグループ・北海道銀行・岩手銀行・七十七銀行・沖縄銀行主催 X-Tech Innovation2020 に協賛

PR TIMES / 2020年7月20日 18時40分

株式会社ブロックチェーンハブ(所在地:東京都中央区、代表取締役:増田一之、以下「弊社」)は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ・株式会社北海道銀行・株式会社岩手銀行・株式会社七十七銀行・株式会社沖縄銀行が主催するビジネスコンテスト「X-Tech Innovation 2020」(以下「本コンテスト」)に協賛します。



[画像: https://prtimes.jp/i/23933/14/resize/d23933-14-808863-0.jpg ]

弊社はブロックチェーンを活用した新事業の創造をミッションとして2016年1月に創業しました。弊社はアントレプレナーシップ(起業家精神)こそがイノベーションの原動力であると考えています。2017年2月に日本初のブロックチェーン専門の創業支援拠点を設置(東京都渋谷区(当時))し、2019年10月には客員起業家制度(EIR)を導入し、一貫して起業家の創業支援に取り組んできました。また、弊社併設の日本橋インキュベーションセンターでは起業家・起業家候補生の入居を受け入れています。

本コンテストの主催企業の1社である株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(以下「ふくおかFG」)傘下の福岡銀行が運営するコワーキングスペース「DIAGONAL RUN TOKYO」(東京都中央区)に弊社はオフィシャルパートナーとして本年6月に参画しています。そして、このたび弊社は、ふくおかFGとの更なる連携強化、ならびに、本邦のアントレプレナーシップ発展の支援を目的として、本コンテストに協賛いたします。

「ポストコロナ時代の”New Normal”」を共通テーマとする本コンテストを通じて、先行き不透明で困難な時代を切り拓く創造性豊かなビジネスアイデアが多く生まれることを期待しています。

◆ X-Tech Innovation 2020について
急速に進展する様々なテクノロジーに着目し、業界・業種を横断する新しいサービス、ビジネスアイデアをスタートアップ企業等から広く募集することで、優れたアイデアを発掘・表彰すると共に、これらのビジネスアイデアの事業化に向けたサポートや、地場企業とのマッチング、既存ビジネスへの活用可能性を模索することで、地域経済の活性化を目指す取組み。今回で6回目の開催となる。
九州地区大会(福岡)・北海道地区大会(札幌)・東北地区大会(盛岡・仙台)・沖縄地区大会(那覇)を経て、グランプリファイナル(東京)に至る、日本を縦断する地域共創型のコンテスト。

【募集期間】2020年7月1日(水) ~ 2020年8月21日(金)
【主催】株式会社ふくおかフィナンシャルグループ・株式会社北海道銀行・株式会社岩手銀行・株式会社七十七銀行・株式会社沖縄銀行
【募集テーマ】
《共 通》 ポストコロナ時代の"New Normal"
《九 州》 暮らしの最適化
《北海道》 CHANGE, New Hokkaido
《東 北》 Discover New Tohoku
《沖 縄》 沖縄のみらいを元気に!
【URL】 https://www.ibank.co.jp/xtech2020/

◆ 株式会社ブロックチェーンハブについて
「ブロックチェーン技術を用いた新事業の創造」をミッションに掲げ、1.ブロックチェーン技術関連の教育- Blockchain Academy、2.コーポレート会員制度を軸にしたビジネスコミュニティ(三井不動産株式会社・日本IBM株式会社・デロイトトーマツコンサルティング合同会社など17社が登録)の運営・事業開発支援、3.起業家候補生の創業支援- Blockchain Business Incubation、を展開。同社スタートアップメンバーコミュニティには、主に創業支援プログラムの下で設立された企業が加盟し、ブロックチェーン等の先端技術を活用したプロダクト・サービスの開発に取り組む。

【代表者】代表取締役 増田一之
【設立】2016年1月
【所在地】東京都中央区日本橋本町4丁目8番16号千城ビル5階
【URL】 https://www.blockchainhub.co.jp
【SNS】 Facebook: @blockchainhubinc / Twitter: @blockchainhubjp

◆ 本プレスリリースに関する問合せ
info@blockchainhub.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング