博報堂DYホールディングス、米国STRATACACHE社とテクノロジー・パートナー契約を締結

PR TIMES / 2020年1月10日 14時5分

~購買動線におけるマーケティング活動の推進と小売店舗のデジタルトランスフォーメーションを支援~

株式会社博報堂DYホールディングス(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂DYホールディングス)は、デジタルサイネージや買物客の行動測定テクノロジーを活用した生活者の購買動線におけるマーケティング活動の推進、ならびに小売店舗のデジタルトランスフォーメーションのテクノロジー支援強化を目的として、STRATACACHE社(ストラタキャッシュ、米国オハイオ州デイトン、CEO:クリス・リーゲル、以下STRATACACHE)とのテクノロジー・パートナー契約を締結しました。本パートナーシップを通じて、博報堂DYホールディングスおよび博報堂DYグループ各社は、STRATACACHEのテクノロジーを利活用したソリューション開発およびソリューションサービスの提供が可能になります。



近年、情報端末の進化を背景に生活者の買物におけるデジタル情報の影響が増す中で、小売店舗内を含む購買動線における情報接点についてのテクノロジーや、それらを活用したマーケティング活動が、今後ますます重要になると考えられます。
STRATACACHEは、ハードウェア・ソフトウェアを含む包括的なデジタルサイネージソリューションを保有しており、店舗における買物客の特性に合わせたプロモーション提供や、センサー技術を活用したリアルタイムな商品情報の提供、在庫情報等を連携したタブレット端末による接客支援など、テクノロジーを活用した顧客体験の向上によって小売の課題解決を支援するサービス提供を行っています。STRATACACHEのテクノロジー・ソリューションと、博報堂DYグループの「デジタルロケーションメディア・ビジネスセンター」が蓄積してきた、店舗内外の購買動線への統合的なアプローチで生活者に気づきや発見を与えるマーケティング手法や、購買動線上に情報接点を作っていくメディアビジネス開発力を連携させることで、新たなマーケティング機会の創出に繋がる顧客体験の設計からテクノロジー実装までをワンストップで行うことが可能になります。

今後、日本および中華圏・東南アジア圏を含むアジア地域で、両社は共同で購買動線におけるテクノロジーの活用手法の研究およびテクノロジー・ソリューション開発を進め、両社のグループ会社を通じて小売・メーカー・媒体社に向けたソリューションのサービス化を進めていくことで、生活者の購買動線におけるマーケティング活動のさらなる推進を目指してまいります。


【STRATACACHE社会社概要】
社名:STRATACACHE Inc.
本社所在地:米国オハイオ州デイトン
設立:1999年
代表者:クリス・リーゲル CEO
従業員数:700名以上(2018年)
概要 :ハードウェア・ソフトウェアを含む包括的なソリューションを保有し、世界最大級のデジタルサイネージソリューションをグローバルで提供。

■博報堂DYグループ「デジタルロケーションメディア・ビジネスセンター」
屋外・交通広告や、折込・DM、インストアメディアなどのデジタル化にともない新たに生成されるメディアビジネス領域等を専門とした、博報堂DYグループ8社のメンバーにて構成。
リーダー:佐藤智施
メンバー:31名(2019年11月末時点)
[画像: https://prtimes.jp/i/36543/14/resize/d36543-14-388022-0.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング