新卒通年採用を可能とし地方創生にも貢献する「ハントバンク」 アプリケーション(iOS版およびandroid版)をローンチ

PR TIMES / 2020年11月1日 13時15分

口コミで広がり続ける大学生と経営者のためのサービス/新型コロナウイルスの影響によりユーザー急増中/投稿機能も実装/デジタル就活革命・採用コストゼロ時代を牽引

HUNT BANK株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長CEO:晒名駿)は、大学生と経営者限定プラットフォーム「ハントバンク」のアプリ版を2020年11月1日リリースしました。日本初※1の大学生と経営者(役員以上)による完全無料・両者完全審査制プラットフォームになります。
※1: 自社調べ




ハントバンクとは



[画像1: https://prtimes.jp/i/48848/14/resize/d48848-14-542131-28.png ]


【iOS版】
https://apps.apple.com/us/app/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF/id1533398605

【android版】
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.huntbank.app

2019年9月26日にブラウザ版をリリースして約1年で、SNSと口コミを通じて計2,200名以上の大学生および経営者の登録があり、マッチング件数計1,100組を突破。アプリケーション化の要望が多くついにアプリ版をローンチしました。新型コロナウイルスの影響で就活・新卒採用における大学生と企業の接点が数多く失われている中、インターネット上で新たな出会いの機会を数多く提供しており、大学生および経営者の間で認知度は徐々に広がりつつあります。地方学生と都心企業、都心学生と地方企業との出会いを生み出すことにより、地方と都心の間にある就活における機会格差の解消、および地方創生にも貢献しています。



ハントバンクが届ける価値


[画像2: https://prtimes.jp/i/48848/14/resize/d48848-14-594630-25.jpg ]

就活生は各採用媒体を用いて自分に合った企業を探してエントリーする、という就職活動の仕方が現在の日本では一般的。しかし「就活サービスのレコメンド以外の企業を知る機会がなくて視野が広がらない」「そもそもレコメンドが本当に自分に合っているのか疑問である」というような不安を抱いている大学生が多いのも事実。そんな状況を打開するのがハントバンク。ハントバンクは毎日3名ずつ企業経営者をレコメンド。「偶然の出会い」を毎日大学生にお届けします。

新卒通年採用およびジョブ型採用が日本でも兆しを見せている中、ハントバンクは大学生であれば全学年利用可能。大学1年生から企業と接点を作ることができ、早いうちからキャリアについて考える機会を手に入れることができます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/48848/14/resize/d48848-14-757639-26.jpg ]

企業は新型コロナウイルスの流行により物理的に新卒採用の定期性を損なうこととなり、採用活動の時期を流動的にしなくてはならなくなりました。政府も経済界に通年採用を視野に入れた柔軟な採用活動を要請し、経団連も通年採用を後押しして、雇用の脱一律を目指すように提言しています。その他にも人手不足問題や求める人材要件の変化、ジョブ型のキャリア志向、終身雇用を前提とした人事制度の限界、グローバル採用といった課題が日本の通年採用を促している様子※2。

※2:NIKKEI STYLE「大量一括採用もう終わり 人材の志を見極める時代に」
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO61595300W0A710C2000000/

ハントバンクは完全無料で利用ができます。マッチングから採用まで完全無料。新卒通年採用における採用コストゼロ時代を牽引するサービスです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/48848/14/resize/d48848-14-415109-9.png ]




ハントバンクの使い方


[画像5: https://prtimes.jp/i/48848/14/resize/d48848-14-969034-15.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/48848/14/resize/d48848-14-153419-16.jpg ]

1.LPからApp Store/Google Playへ遷移する。

■大学生版LP
https://lp.huntbank.net/hunt-for-stu.html
■経営者版LP
https://lp.huntbank.net/index.html

2.アプリをダウンロードする。

3.プロフィールを記入して登録する。

4.毎日企業経営者(ユーザーが経営者の場合は大学生)がレコメンドされるので、レコメンドされた経営者(ユーザーが経営者の場合は大学生)から会いたい人を選ぶ(「ハントする」)。

5.お互いマッチングしたらチャット開始。面談の約束をして実際に話を聞く(ユーザーの大半がオンラインで面談を実施)。

[画像7: https://prtimes.jp/i/48848/14/resize/d48848-14-559843-17.jpg ]

また、今回リリースするアプリ版には投稿機能が新しく実装されており、140文字以内で自由に何度でもアップが可能となります。

【大学生ユーザーの使用例】
■企業経営者ユーザーに向けてインターンを探している旨をプロフィールと共に投稿
■他の大学生ユーザーに向けて、自分も参加する就活イベントのアナウンスを投稿
■自分が就活や大学で勉強したこと、課外活動についてなどを投稿

【経営者ユーザーの使用例】
■大学生ユーザーに向けて企業説明会の開催アナウンスを投稿
■他の企業経営者ユーザーに向けて新規サービスのリリースを投稿
■自社コンテンツや自身の活動について投稿

投稿機能も完全無料で開放しており、投稿内容に興味をもったユーザーからアプリ内で通知が届きます。その通知がきっかけでマッチングが成立することも。


ユーザーの声


[画像8: https://prtimes.jp/i/48848/14/resize/d48848-14-984881-27.png ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/48848/14/resize/d48848-14-227386-14.png ]




代表コメント


[画像10: https://prtimes.jp/i/48848/14/resize/d48848-14-298067-29.png ]


HUNT BANK株式会社
代表取締役CEO 晒名駿

現在、日本の大学生に足りないものは「選択肢を広げる機会」と「背中を押してもらう機会」だと考えています。

人は知っている職業にしか就くことができない、知っている企業にしか就職することはできない。けれども自分が知らない職業や企業を知る機会は未だ多くありません。加えて、自分の見つけた好きなことやアイデアにチャレンジしようとすると「君にはできない」「そんなことできるはずない」と言われることもしばしば。私も冷たい言葉を沢山かけられてきました。

しかし、自分のことを信じて好きなことに打ち込んで、その中で出会うことができた一人の起業家・経営者の方との出会いに視野を広げてもらい、そして背中を押してもらえて、今こうして一起業家として活動することができています。そんな出会いを大学生の皆さんにもお届けしたいと考えています。

新型コロナウイルスの影響でより一層オフラインの出会いの場が失われている中、ハントバンクを通じてオンライン上で大学生の「選択肢を広げる機会」と「背中を押してもらう機会」をお届けします。これまで学生側が受け身だった就活・新卒採用において、大学生が主体的になり企業側とお互いチャンスを「ハントする」きっかけを創出します。


HUNT BANK株式会社について

大学生と経営者限定、完全無料・両者完全審査制プラットフォームの開発および運営をするダイレクトリクルーティングサービスカンパニー。上場企業経営者や大手法律事務所代表、大学教授など名だたる方々39名が発起人株主として出資。運営サービス「ハントバンク」はソーシャルネットワークサービス(SNS)と口コミ、主催イベントを中心に毎日登録者は増え、現在2,200名を突破。本プロダクト開発と同時に、中小ベンチャー企業における新卒採用マーケティングコンサルティング事業、イベント企画制作事業も手掛けています。


【iOS版】
https://apps.apple.com/us/app/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF/id1533398605

【android版】
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.huntbank.app

※アプリダウンロード後にエラーとなる場合はアプリを再起動するとログイン可能となる場合があります


【会社概要】
http://huntbank.net/
社名:HUNT BANK株式会社
設立:2019年4月26日
資本金:5,200,000円
代表者:代表取締役CEO 晒名駿
事業内容:ITおよびAIを駆使したマッチングプラットフォーム「ハントバンク」の開発運用事業
所在地:〒164-0014 東京都中野区南台4-65-10カルタス21笹塚201号

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
shun.sarashina@huntbank.net
HUNT BANK株式会社
担当:晒名

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング