1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【沖縄空手世界大会】開催!大会参加者を大募集中!

PR TIMES / 2021年10月12日 12時15分

~2022年8月に同時開催!第2回沖縄空手世界大会・第1回沖縄空手少年少女世界大会~

− 2022年8月1日(月)~8月9日(火) 沖縄空手会館、沖縄県立武道館 −





[画像1: https://prtimes.jp/i/52612/14/resize/d52612-14-aa769a661a2b0cae4004-4.jpg ]


沖縄県は、来年2022年8月に【沖縄空手世界大会】を開催します。この大会は2018年に開催された「第1回沖縄空手国際大会 」に続く「第2回沖縄空手世界大会」と、昨年の新型コロナウイルスの影響により延期された「第1回沖縄空手少年少女世界大会」との同時開催となります。

本大会は、世界中で空手の鍛錬に励んでいる空手愛好家が「空手発祥の地・沖縄」に集結し、大会を通じて国際性豊かな交流を育み異文化に触れることで、沖縄空手の技のみならず、礼節を重んじ相手を思いやる沖縄空手の精神性を学び、もって沖縄伝統空手及び古武道の保存・継承・発展に資することを目的に開催いたします。

全国の空手愛好家の皆様、「空手発祥の地・沖縄」で開催される【沖縄空手世界大会】に奮ってご参加ください。

期間 2022年8月1日(月)~8月9日(火)
※予選会は沖縄県内、沖縄県外・海外で実施日が異なります。詳しくは大会ホームページをご覧ください。
会場 沖縄空手会館
住所:沖縄県豊見城市豊見城854-1
沖縄県立武道館
住所:沖縄県那覇市奥武山町52

お申込み【公式ホームページ】
https://okinawa-karate.okinawa/lp/

~第2回沖縄空手世界大会概要~
◆大会の構成
1.競技大会は、県内予選、海外・県外予選、本大会から構成する。
2.県内予選、海外・県外予選の通過者が本大会に進出することができる。各予選から本大会に進出できる人数は、参加選手数に応じて、第2回沖縄空手世界大会実行委員会(以下、「実行委員会」という。)が決定する。
◆部門及び種目1
競技大会の部門及び種目は、次表のとおりとする。
[画像2: https://prtimes.jp/i/52612/14/resize/d52612-14-1abda71a7f6f547635e9-5.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/52612/14/resize/d52612-14-36e8dcc8bbebae777c55-6.jpg ]

◆部門及び種目2
1.年齢
ア)少年は、2022年4月1日現在、15歳以上18歳未満とする。
イ)成年Iは、2022年4月1日現在、18歳以上40歳未満とする。
ウ)成年IIは、2022年4月1日現在、40歳以上60歳未満とする。
エ)シニアは、2022年4月1日現在、60歳以上とする。
2.原則として、県内予選の参加資格は申込み時点において沖縄県内に住む者(外国籍の者を含む。)とし、海外・県外予選の参加資格は申込み時点において沖縄県外に住む者とする。なお、両予選に重複して申込むことはできない。
3.2以上の種目に重複して出場することはできない。
4.審判員は、競技に出場することはできない。ただし、第1回沖縄空手少年少女世界大会の審判員は、第2回沖縄空手世界大会の競技に出場することができる。
5.選手は、事前に医師の健康診断を受ける等、自己の健康管理に努めるものとする。(診断書等の提出は不要)
◆参加料・申込期限
・大会参加料は、3,000円とする。(本大会参加料及び傷害保険料を含む)
・沖縄県内:2021年12月20日(月)/沖縄県外・海外:2022年4月26日(火)

~第1回沖縄空手少年少女世界大会概要~
◆大会の構成
1.競技大会は、県内予選、海外・県外予選、本大会から構成する。
2.県内予選、海外・県外予選の上位者が 本大会に進出することができる。各予選から本大会に進出できる人数は、参加選手数に応じて、第1回沖縄空手少年少女世界大会実行委員会(以下、「実行委員会」という。)が決定する。
◆部門及び種目1
競技大会の部門及び種目は、次表のとおりとする。

[画像4: https://prtimes.jp/i/52612/14/resize/d52612-14-5ff1d7de7017d3a6d7d5-7.jpg ]

◆部門及び種目2
1.年齢
ア)少年少女Iは、2022年4月1日現在、6歳以上7歳以下とする。
イ)少年少女IIは、2022年4月1日現在、8歳以上9歳以下とする。
ウ)少年少女IIIは、2022年4月1日現在、10歳以上11歳以下とする。
エ)少年Iは、2022年4月1日現在、12歳以上14歳以下とする。
オ)少女Iは、2022年4月1日現在、12歳以上14歳以下とする。
2.原則として、県内予選の参加資格は申込み時点において沖縄県内に住む者とし、海外・県外予選の参加資格は申込み時点において沖縄県外に住む者とする。なお、両予選に重複して申込むことはできない。
3.「首里・泊手系」「那覇手系」「上地流系」のうち1部門及び「古武道(棒)」に出場することができる。
4.選手は、事前に医師の健康診断を受ける等、自己の健康管理に努めるものとする。(診断書等の提出は不要)
◆参加料・申込期限
・大会参加料は、3,000円とする。(本大会参加料及び傷害保険料を含む)
※2部門に参加しても同額とする。
・沖縄県内:2021年12月20日(月)/沖縄県外・海外:2022年4月26日(火)

[画像5: https://prtimes.jp/i/52612/14/resize/d52612-14-0afb1af8cced09ba4cbf-2.png ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/52612/14/resize/d52612-14-6ea59ba2781f713e8f66-0.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/52612/14/resize/d52612-14-8e8e9d6f586121fb4b94-1.png ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/52612/14/resize/d52612-14-c4abbaa853a0fee5f8c8-3.jpg ]



◆主催:第2回沖縄空手世界大会実行委員会/第1回沖縄空手少年少女世界大会実行委員会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング