サブスクを使った社内コミュニケーション創出施策などでチームワーク・仕事効率アップ

PR TIMES / 2020年7月16日 18時40分

コロナ禍で週2テレワーク コミュニケーション不足などの課題を新制度で解決



株式会社LITA(東京都文京区、代表 笹木郁乃)では、リモートワーク中の社員を応援するためサブスクリプションサービスを使った福利厚生「くじリプション」を実施していることをお知らせいたします。

「くじリプション」とは、数か月に1度社員が欲しい&使いたいサブスクリプションを紙に書いて箱に入れ、全員でくじを引き、お互いの好みを知りつつ仕事の糧としてほしいという願いを込めて実施しています。
私どもは社員10名の小さなPR会社ですが小さい会社だからこそ、様々な取り組みを試してよかったものを発信し、仕事にやりがいを見い出しより楽しく仕事をするお手伝いが出来ればと考えております。
[画像: https://prtimes.jp/i/54916/14/resize/d54916-14-898808-0.jpg ]


【現在行っている弊社の取り組み】
・花セラピー制度|社員全員に自宅に飾るお花代(月2,000円まで)を支給
≪狙い≫リモートワークが続く時でも変化を感じられるように、また、作業空間に華やかさをプラスすることで美意識をキープしてほしいという願いを込めて。

・エンジンスイーツ|出勤時、朝のコーヒーブレイクにくじ引きプチスイーツを用意
≪狙い≫せっかく出社した1日を元気にパワフルにスタートして欲しい、1日の始まりに美味しいコーヒーと美味しいプチスイーツでエンジン全開になるように。

・(人は見た目が)9割プロジェクト|オンライン会議支援でウェブカメラ、ライト、パソコンスタンドを提供
≪狙い≫メディア取材のオンライン化が進み、初対面がオンライン上というのが当たり前になったことで第一印象をよくするために必要な機材を提供
・Thank you Letter|社員同士の感謝を伝えるためにレターセット代を支給
≪狙い≫リモートワークが続いても、社員同士への感謝を伝え合いチーム力を高めてほしい。

・最&高ギフト|クライアント商品(リップ、サプリ、化粧品、クッション等)を社員にプレゼント
≪狙い≫自分たちがPRする商品のことをもっと知り、自分たちの言葉で魅力を伝えられるようになってほしい。消費が落ち込む中でクライアント企業を少しでも応援したい。

・くじリプション|社員が提案したサブスクをくじ引きし、自分が受けるサブスクを決める
≪狙い≫お互いの好みを知り、良いものを共有することでより強い結束を生み出してほしい。共通の話題をきっかけに、コミュニケーション促進の助けになったら。

■コロナ禍で社内コミュニケーションに悩む企業が増加
コロナによる急なテレワークでコミュニケーションの取り方が注目を集めています。実際に弊社でも社員10名にも関わらずコミュニケーション不足によるトラブルが発生したこともあり、会社をあげてコミュニケーション向上に努めてまいりました。コミュニケーション不足解消の取り組みをし始め、社内の空気が明るくなり以前より活発なコミュニケーションが生まれ仕事の成果も出やすくなりました。
出社するようになってからもこの取り組みを継続すべく、新たな取り組みも取り入れ始めました。テレワークにはテレワークならではの、出社する際には「よし、頑張るぞ!」と思えるような環境にしていきたいと考えております。

■“利他の心”で企業に寄り添い続けたい
社名のLITAは漢字で書くと“利他”。企業の広報担当者だった弊社代表の笹木が「もっと企業に寄り添ったPR、広報担当者を養成していきたい」という思いで起業したことに由来します。まるで自社社員が広報していると錯覚するようなPR会社でありたい、いつも企業に寄り添っていたい、世の中に大きな光を放ちたいと奮闘しております。この取り組みを通しても、コミュニケーションに悩む企業やビジネスパーソンの光になれたらと思っております。
ぜひ、報道のお力でテレワークの社内コミュニケーションに悩まれている方へ
この取り組みをお知らせいただけますと幸いです。
ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

 ≪会社情報≫
株式会社LITA
代表:笹木郁乃(ささきいくの)
住所:東京都文京区湯島1-7-9お茶の水ウチヤマビル6F
資本金:1,000万円
設立:2017年2月
社員数:10名

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング