1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

24卒外国人留学生対象 中小企業への応募に関する調査

PR TIMES / 2023年11月13日 10時15分

~仕事内容・海外展開・会社の雰囲気を重視~

外国人留学生専門の人材紹介会社 株式会社ASIA Link(本社:東京都小平市、代表取締役:小野朋江)は、海外展開中の中小・中堅メーカーに対して海外営業職・エンジニア職の新卒紹介を行っています。この度、就職活動を経験した24卒留学生にアンケート調査を行い、中小企業に応募した留学生にその理由を聞きました。さらに、留学生と日本人学生との比較も行いました。彼らがどのような動機付けで中小企業に応募したのか、両者の共通性や差異を明らかにすることで、中小企業が留学生へどのようにアプローチするのが適当であるのかを考察しました。

レポートの全文はこちらから→ https://blog.asialink.jp/business/20231110/



【調査概要】
・調査期間:2023年9月8日~2023年10月2日
・調査機関(調査主体):株式会社ASIA Link
・調査対象:2024年3月卒業予定の外国人留学生
・サンプリング:ASIA Linkに登録している会員2024年3月卒業予定の外国人留学生479名
・有効回答数:65名
・調査方法:Web上のアンケートフォームのリンクをメール送信

はじめに


本調査では留学生の中小企業への応募理由を明らかにすることを目的にアンケート調査を行った。
アンケートの質問及び選択肢の作成に際しては、日本人学生に対して調査を行った株式会社ディスコ キャリタスリサーチの2022年10月発行「2023年卒 vol.10 10月1日時点の就職活動調査」の第3章「中小企業への選考応募状況調査」(以下、ディスコ(2022)とする)を参考にした。
また、留学生の中小企業への応募理由の特徴を明らかにするため、日本人学生との比較を行う。株式会社ディスコ キャリタスリサーチの2023年10月発行「2024年卒 vol.10 10月1日時点の就職活動調査」の第3章「中小企業への選考応募状況調査」(以下、ディスコ(2023a)とする)のデータを用いる。留学生と日本人学生の二者の比較を行い、その差異から、中小企業が留学生へどのようにアプローチするのが適当であるか、その端緒を明らかにしたい。

中小企業へ応募した理由


2024年3月卒業予定の留学生を対象に、中小企業に応募をしたか尋ねたところ、50名より回答が得られた。そのうち「はい」は37名(74.0%)、「いいえ」は13名(26.0%)であった。
ディスコ(2023a)が日本人学生に中小企業への応募経験について尋ねたところ、「エントリーした」と答えたのは60.1%であった。

中小企業へ応募したと回答した留学生37名に、応募理由について尋ねたところ、以下の回答が得られた(複数選択可)。

[画像1: https://prtimes.jp/i/59773/14/resize/d59773-14-7cb414897a90cffac537-0.png ]


最も多かったのが「やりたい仕事に就ける」17名(45.9%)、次いで「会社の雰囲気がよい」16名(43.2%)、「志望業界の企業だった」16名(43.2%)であった。
ディスコ(2023a)の日本人学生の上位3項目は、「やりたい仕事に就ける」(38.3%)、「会社の雰囲気がよい」(38.3%)、「内定を取りやすそう」(32.3%)であった。
留学生と日本人学生の双方ともに「やりたい仕事に就ける」と「会社の雰囲気がよい」が上位にきており、中小企業へ応募する理由は共通していることが窺える。

次に、本調査の結果が、中小企業へ応募した留学生に特有の傾向であるのかを検討するため、株式会社ディスコ キャリタスリサーチの2023年8月発行「2024年卒 外国人留学生の就職活動に関する調査」(以下、ディスコ(2023b)とする)の第6章「就職先企業を選ぶ際に重視する点と希望する働き方」のデータを引用する。この調査では企業規模を限定せず、就職先を選ぶ際に重視する項目を留学生に聞いている。
ディスコ(2023b)の調査結果によると、留学生が就職先を選ぶ際に重視する上位4項目は、「将来性がある」(52.5%)、「給与・待遇が良い」(51.1%)、「有名企業である」(34.3%)、「大企業である」(29.0%)であった。
先に述べたように、本調査の留学生が中小企業に応募した理由として、最も多かったのは「やりたい仕事に就ける」17名(45.9%)である。一方、ディスコ(2023b)では「仕事内容が魅力的」は14.4%で、11番目の項目であった。中小企業に応募した留学生が「やりたい仕事に就ける」と判断した理由は、大企業の総合職と比較すると、仕事内容や配属先、職場で求められる役割が明確であることが、中小企業への応募動機の一つとなった可能性が考えられる。

「海外・グローバルな展開をしている会社だった」


本調査では、中小企業に応募する理由として、海外進出や海外に拠点があることが留学生の応募の動機付けになるかどうかを明らかにするため、ディスコ(2022)にはなかった「海外・グローバルな展開をしている会社だった」を選択肢に追加した。
その結果、「海外・グローバルな展開をしている会社だった」は17名(45.9%)が選択しており、「やりたい仕事に就ける」17名(45.9%)と並んで同率1位という結果となった。
仕事内容と同程度に、その企業がグローバルに展開していることが重視されており、すでに海外進出をしている企業や、海外に拠点のある企業は、そのことをアピールすることで留学生の応募を促せる可能性がある。それだけでなく、海外展開の予定や計画があれば、それを留学生に伝えることで応募の動機付けの一つになる可能性があると考えられる。

中小企業へ応募しなかった理由


中小企業に応募したかの問いに「いいえ」と回答した13名に、中小企業(従業員300人未満の会社)を受けていない理由について尋ねたところ、以下の回答が得られた。

[画像2: https://prtimes.jp/i/59773/14/resize/d59773-14-858eb4f8fe4a8e4253e9-1.png ]


最も多かったのが「安定性に欠ける」7名(53.8%)、次いで「海外で働く機会が少ない」6名(46.2%)、「知名度が低い」5名(38.5%)であった。中小企業は規模が小さいため、大企業よりも海外展開していない、と考える留学生もいたのだと思われる。
ディスコ(2023a)の日本人学生が中小企業へ応募しなかった理由の上位3項目は「給与・待遇がよくない」(49.0%)、「知名度が低い」(41.8%)、「安定性に欠ける」(41.2%)で、条件面での懸念が中心にある、と考察されている。

中小企業が留学生にアピールする方法について


中小企業がさらに留学生に応募を促すためには、どうすればいいと思うかを尋ねたところ、26名より回答を得られた。回答形式は自由記述である。以下に一部抜粋して記載する。

【自由記述による留学生の回答】
・外国人社員のキャリアをより明確的にすること。例えばうちの会社に来て何ができる、将来的にはどんな仕事を任せられる、どこに出張できるなど。(中国)
・留学生を積極的に採用する意欲をもっと見せて欲しいです。ありふれた選考の流れや質問にこだわらなく、一人一人の学生にちゃんと向き合って、個性を大事に見て欲しいです。(中国)
・違うバックグランドの留学生の多様性を包容できるような職場づくりの経験をもっているかどうか。(中国)
・企業を探す時、就活サイトで探したけど、目に入ったのは大手企業しかなかった。だから、中小企業の存在がわからなかった。そのため、広告などで留学生に企業のことを知られるようにしてほしい。(ベトナム)
・日本語だけでなく、英語などの外国語での説明会も実施すべきだと考えます。 (インドネシア)

まとめ


本調査において、留学生が中小企業に応募した理由は、「やりたい仕事に就ける」と「会社の雰囲気がよい」が上位にきており、日本人学生と応募の動機付けが共通していることが明らかになった。文化的背景は異なっていても、中小企業に応募する際、学生の動機付けとなっているのは、自分にフィットした「仕事内容」と「組織文化・人間関係」であると言えるだろう。特に仕事内容については、大企業の総合職と比較した際に、職種や求められている役割が明確であることが、中小企業への応募の有力な動機付けになるのだと考えられる。
留学生の採用を検討している企業は、仕事内容をよりくわしく説明し、社内の雰囲気をオープンに伝えることで、留学生の応募につなげられる可能性がある。
それに加え、留学生にとっては、その企業が海外展開しているかどうかも、応募の動機付けとなることがわかった。中小企業は海外展開をしていないと考える留学生もいるため、海外に拠点のある企業、海外との取引が盛んな企業、今後海外展開の予定がある企業は、そこをアピールすることで留学生の応募を増やせる可能性が示唆された。

参考文献


・株式会社ディスコ キャリタスリサーチ (2022) 「2023年卒 vol.10 10月1日時点の就職活動調査」
https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2022/10/202210gakuseichosa_kakuho.pdf
・株式会社ディスコ キャリタスリサーチ (2023a) 「2024年卒 vol.10 10月1日時点の就職活動調査」
https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2023/10/202310_gakuseichosa2024_kakuho.pdf
・株式会社ディスコ キャリタスリサーチ (2023b) 「2024年卒 外国人留学生の就職活動に関する調査」
https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2023/08/gaikokujinryugakusei_202308.pdf
・出入国在留管理庁(2022)「令和3年における留学生の日本企業等への就職状況について」
https://www.moj.go.jp/isa/publications/materials/10_00013.html

ASIA Linkについて


[画像3: https://prtimes.jp/i/59773/14/resize/d59773-14-f93ea80f32c9764c94be-2.jpg ]

ASIA Link(読み:アジアリンク)は、「多様な価値観を受入れる懐の深い社会を、留学生とともに、「働く」を通じて実現する。」を企業理念に掲げ、日本の中小・中堅企業と外国人留学生をつなぐ人材紹介事業を2012年1月より運営しています。顧客企業は約200社、登録外国人は10,800人(2023年10月時点)。最も得意とする分野はメーカーへの人材紹介で、海外営業職や技術職、将来の現地拠点幹部候補等で多くの外国人社員が活躍しています。企業の経営を人材面から支援するという考えのもと、紹介して終わりではなく、企業との信頼関係を構築しながら長いお付き合いをしています。
創業者の小野も、ASIA Linkのコンサルタントたちも、元日本語教師です。留学生に日本での夢をかなえてほしい、との想いで、日々留学生に向き合っています。留学生の気持ちを理解し、彼らの育成にも力を入れながら、企業・留学生双方が成長できるマッチングをめざしています。

【株式会社ASIA Link 会社概要】
企業理念 :多様な価値観を受入れる懐の深い社会を、留学生とともに、「働く」を通じて実現する。
会社名 :株式会社ASIA Link
所在地 :東京都小平市小川町2-1971 エッグビル305
創業 :2011年10月
代表取締役:小野 朋江
事業内容 :
- 外国人留学生・高度外国人材専門の人材紹介(正社員)
- 経営者と外国人留学生の就職マッチング会「社長LIVE」企画・運営
- 外国人材採用・活用セミナー講師
- 外国人留学生育成事業
URL :https://www.asialink.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください