【香川ファイブアローズ】2020-21シーズン ユニフォームサプライヤーおよびユニフォームデザイン決定のお知らせ

PR TIMES / 2020年8月7日 14時15分

このたび、2020-21シーズンのユニフォームサプライヤーとして、「スポルディング・ジャパン株式会社」にご支援いただくことが決定しましたので、お知らせいたします。
オフィシャルサプライヤーとして、HOME・AWAYのユニフォームと共に、プラクティスウェアやバッグ、アクセサリー等幅広い製品でチームを全面的にサポートしていただきます。
また、ユニフォームデザインについても決定しましたので、併せてご報告いたします。



【2020-21シーズン ユニフォームサプライヤー】
[画像1: https://prtimes.jp/i/60406/14/resize/d60406-14-416034-2.jpg ]

■社名
 スポルディング・ジャパン株式会社
■本社所在地
 東京都渋谷区恵比寿4-4-6 MARIX恵比寿ビル3F
 TEL : 03-6408-0451
 FAX : 03-6408-0452
■設立
 2009年2月3日
■代表者
 取締役 執行役員社長 小笠原俊彦
■公式ホームページ
  https://www.spalding.co.jp/

1876 年イリノイ州シカゴで誕生したスポーツブランド。1876 年から 100 年間ナショナルリーグの公式球として 採用されたベースボールをはじめ、アメリカンフットボール、バレーボール、バスケットボール等、様々な競技における世界初のボールを開発してきた。またボールに限らず、1877 年世界初の野球用グローブを開発、その後殿 堂入りした超一流選手がスポルディングのグローブを使う。近年は、バスケットボール最高峰リーグとされる 『NBA』において 40 年近く公式球、公式ゴールサプライヤーを務め、マイクロポンプを内蔵したボールや、通常よりも 10 倍空気が長持ちするボールを世界で初めて開発する等、常にイノベーティブな商品の開発に力を注いできた。アメリカを本社とし、世界各国でバスケットボールを中心に展開する。


【2020-21シーズン ユニフォーム】

デザインテーマ 『 B1昇格へ向けた強い“意志”と“覚悟” 』

2020-21シーズンより香川ファイブアローズのブランドカラーとなった『VICTORY YELLOW』と称するイエロー、ブラックとホワイトを採用したカラーリング。VICTORY YELLOWは香川ファイブアローズのアイデンティティーを継承し、チームの結束力と闘志をあらわしています。ブラックは戦う強い覚悟、ホワイトは何にも染まらない強い意志をあらわし、これまでのイメージを一新したデザインとしました。
ボディーから胸にかけてのカラーの切り替えを、スピード感と時代の変化・多様性をイメージしたオリジナルのグラデーションパターンで表現しています。
トップは、NBA イメージに代表される、アメリカンスポーツブランド SPALDING の歴史を表現した、バスケッ トボールウェアのアメリカンレトロをイメージした丸首のネックラインを採用しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/60406/14/resize/d60406-14-461224-3.jpg ]

<高機能素材とカッティング採用>
選手のパフォーマンスを最大限引き出せるよう、快適性、伸縮性、軽量性の高い吸汗速乾機能素材を採用。サイドにメッシュパネルを採用し、各所に最適な高機能素材をパネリングすることで、快適なウェアを実現しています。また、激しいプレーにおいて快適に動けるようにこだわったカッティング・デザインに仕上げています。

<3 段階で選択可能なパンツ丈>
プレーヤーの好みに合わせて、3 種類より選択可能なパンツ丈。多くのバスケットボールプレーヤーがそれぞれのこだわりを持つ部分であるパンツ丈を 3 段階用意し、各選手が好みの長さを選択できるようになりました。これにより、パンツのウェスト部分を折って着用することが減り、より快適な履き心地を実現しました。

――――――――――
▼「オーセンティックユニフォーム」「レプリカユニフォーム」の販売はこちら
https://www.fivearrows.jp/news/detail/id=14420

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング