1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

話題沸騰で先行発売決定!ベストセラー続出のサイエンスライター鈴木祐氏の待望の最新刊『無(最高の状態)』7月8日から

PR TIMES / 2021年7月8日 13時15分

15万部超『最高の体調』・10万部超『科学的な適職』などのベストセラー著者でサイエンスライターの鈴木祐氏が、不安、ストレス、怒り、孤独、虚無、自責から自らを解放する科学的メソッドを解説する『無(最高の状態)』を7月16日にクロスメディア・パブリッシングより発売します。
発売前からたくさんの注目をいただき、発売開始に先駆け、7月8日から一部書店での先行発売が決定しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/80658/14/resize/d80658-14-1cdd8cd686f9d4e18a15-0.jpg ]




発売開始に先駆け、7月8日から21店舗での先行発売が決定!


◆鈴木祐氏の最新刊『無(最高の状態)』の先行発売をする21店舗
・東京 三省堂書店 有楽町店
・東京 丸善 丸の内本店
・東京 三省堂書店 神保町本店
・東京 有隣堂 アトレ恵比寿店
・東京 代官山 蔦屋書店
・東京 SHIBUYA TSUTAYA
・東京 MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
・東京 紀伊國屋書店 新宿本店
・東京 ジュンク堂書店 池袋本店
・東京 三省堂書店 池袋本店
・東京 オリオン書房 ルミネ立川店
・東京 丸善 多摩センター店
・神奈川 丸善 ラゾーナ川崎店
・神奈川 紀伊國屋書店 横浜店
・千葉 丸善 津田沼店
・愛知 三省堂書店 名古屋本店
・大阪 ブックスタジオ 大阪店
・大阪 ジュンク堂書店 大阪本店
・大阪 紀伊國屋書店 梅田本店
・大阪 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
・京都 大垣書店 イオンモールKYOTO店


ベストセラー続出の著者が3年がかりで執筆した意欲作


‟最高の状態”とは、生まれながらに持つ判断力や共感力、好奇心といった能力を存分に発揮できるようになった姿を意味します。

私たちの目を曇らせる不安や思い込みが取り除かれた結果、意思決定力と他者への寛容さが上がり、いまネガティブな人は気持ちが安定し、ポジティブな人はさらに幸福度と判断力が高まる。そんな状態です。

私たちが「最高の状態」に至るためには、重要なキーワードがあります。
それは本書のタイトルでもある「無」です。

―不安・怒り・孤独・虚無といった、あらゆる苦しみの原因は何なのか?
―どうすれば、それから解放されるのか?
―「無」とは、いったい何なのか?

最新の研究論文とデータから圧倒的な情報量と科学的エビデンスをもとに、不安、ストレス、怒り、孤独、虚無、自責から自らを解放し、あなたが生まれ持つポテンシャルを取り戻す科学的メソッドを解説します。

・不安や心配事、ストレスから解放されたい
・生産性や創造性を向上させ、最高のパフォーマンスを発揮したい
・とにかく「無」になりたい

本書は、そう願うすべての人にとってのバイブルとなる一冊です。



【本書の目次】


序章 苦
第1章 自己
第2章 虚構
第3章 結界
第4章 悪法
第5章 降伏
第6章 無我
終章 智慧


【著者のプロフィール】


[画像2: https://prtimes.jp/i/80658/14/resize/d80658-14-ff9972f9c83dbc4922a3-1.jpg ]


鈴木祐 (すずき・ゆう)
サイエンスライター。1976年生まれ。慶応義塾大学SFC卒業後、出版社勤務を経て独立。10万本の科学論文の読破と600人を超える海外の学者や専門医へのインタビューを重ねながら、現在はヘルスケアや生産性向上をテーマとした書籍や雑誌の執筆を手がける。自身のブログ「パレオな男」で心理、健康、科学に関する最新の知見を紹介し続け、月間250万PVを達成。近年はヘルスケア企業などを中心に、科学的なエビデンスの見分け方などを伝える講演なども行っている。著書に『最高の体調』『科学的な適職』(クロスメディア・パブリッシング)、『不老長寿メソッド』(かんき出版)など。



書籍情報


書名 : 無(最高の状態)
体裁 : 四六判/290ページ
定価 : 1,628円(本体1,480円+税)
ISBN : 978-4-295-40580-1
発行 : 株式会社クロスメディア・パブリッシング (クロスメディアグループ株式会社)
発売日: 2021年7月16日


書籍のご購入はこちら


Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4295405809
楽天  https://books.rakuten.co.jp/rb/16759526/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング