佐賀県武雄市長、樋渡啓祐氏 (株)ワタナベエンターテイメント 代表取締役会長、吉田正樹氏 国際イベント・アドテック(ad:tech)九州キーノート登壇決定

PR TIMES / 2013年5月14日 16時53分



ディーエムジー・イベンツ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:武富正人)は 6 月 5 日(水)、6 日(木)に開催する「アドテック九州 2013」の基調講演に佐賀県武雄市長である、樋渡啓祐氏、そして(株)ワタナベエンターテインメント、代表取締役会長、吉田正樹氏の登壇が決定したことを発表します。

国際イベント・アドテックは日本で2番目の開催地に九州・福岡を選択した理由のひとつに“デジタル時代における地域活性化”というテーマを取り上げました。アドテック米国開催ではサンフランシスコ市長、そしてシンガポール開催では大臣が登壇し、アドテックそして開催地を盛り上げてくださいます。今回、自治体の首長としてソーシャルメディアを活発に利用し、コンテンツ配信による「力強い」地域作りに取り組む佐賀県武雄市、樋渡市長をキーノートスピーカーとして招聘しました。東京開催も含め、今回初めて日本の自治体代表として世界に情報発信をする機会になることでしょう。

また、数多くの映像コンテンツをプロデュースし、日本のテレビ業界を牽引してきた、(株)ワタナベエンターテインメント、吉田氏もパネリストとしてご登壇いただきます。モデレーターには日本だけはなく海外のアドテックでも登壇経験のある事業構想大学院大学、教授(日本マイクロソフト(株))、江端浩人氏にセッションを進めて頂きます。

尚、本イベントはビジター・パスを事前登録(6月4日まで)によりキーノート(基調講演)に無料で参加頂くことが出来ます。

参加申し込み:http://www.adtech-kyushu.com/ja/

■スピーカープロフィール


【樋渡 啓祐氏】 
(佐賀県武雄市長)
1969年武雄市朝日町生まれ。1993年東京大学経済学部卒業。同年、総務庁(現総務省)入庁。沖縄、大阪・高槻市などでの勤務を経て、2005年に総務省を退職。2006年4月、佐賀県武雄市長に当時最年少市長として当選、現在二期目。
レモングラス、いのしし肉等の特産品化に取り組み、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「Twitter」、「facebook」を活用した情報発信などを行っている。
本年4月には、武雄市図書館を指定管理者制度により「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社に運営委託する。
著書に、「『力強い』地方づくりのための、あえて『力弱い』戦略論」(ベネッセコーポレーション、2008年)、「首長パンチ」(講談社、2010年12月)2012年、朝日新聞出版「AERA」1月2-9日合併増大号で「日本を立て直す100人」に選ばれる。同年、日経BP社「日経ビジネス」10月29日号で「次代を創る100人」に選ばれる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング