1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

大出力の太陽光発電を搭載、全量売電対応「CoCoLo One」を発売

PR TIMES / 2012年12月28日 9時35分

高い断熱性能と省エネ機器によって、ネットゼロエネルギーハウスを実現。さらに耐震性に重要な精算法による構造計算のほか、独自のフルフレームダンパーシステムでくり返し起きる大きな地震にも対応。

大出力の太陽光発電を搭載し、全量売電にも対応。高い断熱性能と省エネ機器によって、ネットゼロエネルギーハウスを実現。さらに耐震性に重要な精算法による構造計算のほか、独自のフルフレームダンパーシステムでくり返し起きる大きな地震にも対応している。高性能住宅にありがちな無機質な外観ではなく、やさしい表情の外観と使いやすい間取りのデザインを実現。



新商品ニュース

商 品 名      CoCoLo One
発 売 元      イデアホーム、首都圏住宅コープ、益田建設グループ


開発の意図   

大出力の太陽光発電を搭載し、全量売電にも対応。高い断熱性能と省エネ機器によって、ネットゼロエネルギーハウスを実現。さらに耐震性に重要な精算法による構造計算のほか、独自のフルフレームダンパーシステムでくり返し起きる大きな地震にも対応している。高性能住宅にありがちな無機質な外観ではなく、やさしい表情の外観と使いやすい間取りのデザインを実現。


特   長    

1.大出力の太陽光発電

南面に大きな屋根を設置し、太陽光発電を9.7~20kW搭載する。10kW以上搭載の場合に適用される「再生エネルギー全量買取」,20年間 42円/kWh(税込)で売電することが可能。20Kw搭載の場合、最大年間約100万円の売電が可能(注)電力会社との協議が必要。売電量は設置パネルの向き・角度・立地により異なる。


2.熱損失係数(Q値)1.00を実現した高い断熱性能

高い断熱性能を実現するために、屋根直下に現場発泡ウレタン断熱材300ミリ、外壁には充填断熱+外張り断熱のダブル断熱パネル工法でEPS特号を合計170ミリ施工。開口部の窓サッシには、樹脂製3層ガラスのトリプルガラス・ダブルLow-Eに加えて、断熱ブラインドを採用し熱貫流率(U値)=0.95を実現した。さらに高性能の熱回収が可能な換気装置を設置することで、モデルプランでは熱損失係数(Q値)1.00を実現した。この断熱性能により、冷暖房ランニングコストは長期優良住宅基準の住宅に対し約1/10以下を実現。(注 モデルプランシュミレーション値)


3.高断熱住宅にありがちな夏期のこもり熱対策

アルミコーティング透湿防水シートを採用し、夏期は外壁から侵入する輻射熱を減少させ、冬期は外壁から流失する熱を減少する。住宅ないの空気の循環を良くする工夫と合わせて、夏のこもり熱による冷房エネルギーの増大を抑えられる。


4.家族の暮らしを重視したプラン

屋根断熱とすることで、高い断熱性能を損なうことなく、小屋裏のロフトや収納空間を有効利用することが可能。2階リビングや寝室の天井を屋根まで上げる勾配天井も可能。片流れ屋根で生じた大きな小屋裏空間を活用できる。高い断熱性を活かして、開放的な間取りとして、廊下や、階段ホールなどをワークスペースとすることも可能。


5.優しい質感の内外装

高性能・省エネ機器住宅にありがちな無機質的なデザインではなく、南欧風の優しい外観と天然木を多用した安らぎのある空間を実現。


6.ネットゼロエネルギーハウス、LCCM住宅対応、低炭素住宅認定対応

高い断熱性と大きな太陽光発電で、生活に必要な1次エネルギー量が発電エネルギー量を下回るネットゼロエネルギーハウスを実現。国が行う平成24年度のネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(最大350万円補助)に対応する。建築時から、居住時、解体時の住宅の生涯を通じて発生するCO2量が、自然エネルギーの発電で相殺され、マイナスとなるLCCM(ライフ・サイクル・CO2・マイナス)住宅となっており極めて環境に優しい住宅である。長期優良住宅、新省エネ基準、低炭素住宅認定にも対応する。


7.フルフレームダンパーシステムを標準搭載

イデアホームでは、精算法による構造計算で、バランスの優れた高い強度の構造体となっているが、さらに繰り返し発生する大きな地震の揺れにもダメージの少ないフルフレームダンパーシステムを標準搭載する。住宅の外周部分の土台や柱などの構造体全面に粘弾性体施工し、地震時に揺れのエネルギーを熱エネルギーに変換することで構造体を構成するビスや釘、合板などのダメージを少なくする。単に揺れの量を少なくするだけではなく、地震により蓄積される小さなダメージを減らすことで耐久性を高める高耐震+高制震住宅。
地震の揺れで、住宅がどれくらい揺れるかをシュミレーションする振動解析を全棟で実施する。


8.イデアホーム共通仕様

全棟精算法による構造計算を実施
地震に強いイデアフレーム・イデアベース工法
ホルムアルデヒドを分解する石膏ボードを全面採用した「空気のきれいな家」仕様
柱や金物1個から明記する詳細見積書の作成
第三者検査機関4回の検査実施
建築時のデータを全て記録する「住まいの履歴書」


9.モデルプラン

基本的に自由設計・フリープランとなるが、10kW太陽光発電を搭載したplan50と20kWの太陽光発電を搭載し2台分のインナーガレージを設けたplan70のふたつのモデルプランを用意。


発売日  2013年1月10日~
販売先  イデアホームグループ、首都圏住宅コープ、(株)益田建設
価  格   65万円/坪から (税込 建物本体+太陽光発電9.7Kw以上)
問合せ先   info@idea-h.net  (株)益田建設 048-998-5566
ホームページ   HYPERLINK " http://www.idea-h.net/" http://www.idea-h.net/
facebook   http://www.facebook.com/hp.ideahome

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング