沖縄セルラーがサイバーソリューションズの統合メールシステムを導入

PR TIMES / 2012年8月28日 11時31分



サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、沖縄セルラー電話株式会社(所在地:沖縄県沖縄市、代表取締役社長: 北川 洋)が、当社の統合メールステム「CyberMail」(サイバーメール)と、メール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」(メールベース)を組み合わせて、戦略的なメールステムを採用したことを発表します。

沖縄セルラーは、KDDIグループの一員であると同時に、沖縄の経済界をはじめ、多くの県民の声から生まれた会社です。沖縄に根ざした会社として地域に役立つコンテンツやサービスを提供しています。

同社は、本年7月、サイバーソリューションズの利便性の高い機能を標準装備している、統合型メールシステムである「CyberMail」を核に、全社で新メールシステムへ移行しました。
合わせて、メール監査・メールアーカイブシステムMailBase(メールベース)を導入して、戦略的なメールシステム環境を実現しました。

沖縄セルラーでは、従来利用していたメールシステムの更新時期に合わせて、「CyberMail」へメールボックスのデータ移行及びメールアーカイブシステムから「MailBase」へデータ移行を実施し、利便性の高い機能を使いたいとの社内の要望に応え、機能・性能面の強化に向けて最新のメールシステム環境を導入しました。

今回導入した、サイバーソリューションズが提供する「CyberMail 」は、大容量のデータが利用可能であり、HTMLメール対応、オートリプライ、着信通知等の利便性の高い機能を標準で提供しています。また携帯電話とスマートフォンからの利用も実現しているため、いつでもどこでも安心してメールが利用できるようになり、社員の業務効率の向上効果も期待しています。

【導入製品】
■CyberMail公式サイト:http://www.cybersolutions.co.jp/product/cybermail/

■MailBase  公式サイト:http://www.cybersolutions.co.jp/product/mailbase/

サイバーソリューションズのメールソリューションは、大規模で高負荷な環境でも安定した稼働が可能なWEBメール機能搭載の統合型メールサーバシステムとして高い評価を得ています。製造業や流通業界をはじめ、ISP/XSPなどサービスプロバイダまで幅広い業種で導入されており、合計9500社、95万クライアント以上のユーザーの実績があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング