フルノシステムズ、無線ハンディ「finpad smart」がシノジャパンの「@Hyway」とシステム連携し、クラウドソリューション提供開始。

PR TIMES / 2013年6月11日 13時12分

フルノシステムズは、無線ハンディターミナル「finpad smart」を高速Web通信ミドルウェアを提供するシノジャパンの
「@Hyway」と連携させたことで、クラウド環境で活用できるモバイルソリューションを6月下旬から発売開始します。




株式会社フルノシステムズ(代表取締役:妹尾行雄、古野電気(株)関連会社)は、無線ハンディターミナル「finpad smart」(フィンパッドスマート)&冷凍ハンディターミナル「finpad730i」を、株式会社シノジャパン(代表取締役:鄭澤勇)が提供する高速Web通信ミドルウェアである「@Hyway」(ハイウェイ)とシステム連携させたことで、クラウドソリューションによるモバイルデバイスの活用が可能となりました。冷凍ハンディ「finpad730i」と「finpad smart」が6月下旬から同時提供される予定です。


株式会社シノジャパンが提供する「@Hyway」は、Webサーバーとモバイルデバイスをつなげるシンクライアント方式のミドルウェアであり、ネットワーク上に「@Hyway Server」を設置するだけで、スマートフォンやタブレット端末がWebクライアントとして機能するようになります。(※既に当社提供のミドルウェアMORS、WARPなどに加えての新ラインナップ)

この特徴を活かして、業務用の無線ハンディターミナルを連携することで、アプリケーションはWEBサーバ側で実行することができるため、専用回線に依存しないインターネット網で運用するパブリッククラウドソリューションが可能となります。(下図参照)


冷凍ハンディ「finpad730i」と「finpad smart」の同時提供を開始します。冷凍ハンディの「finpad730i」 は、-30℃~40℃までのF級冷凍庫に対応でき、冷凍倉庫に最適な耐環境仕様となっています。また、 「finpad smart」 は、あらゆる業種業態の作業現場で満足していただける、まったく新しいフルスペックな無線ハンディターミナルです。ユーザーサイドが自由に 「選べる」3つの環境〈通信、開発、仕様〉を提供しています。このように様々なモバイルデバイスが「@Hyway」 と連携することで、スピーディに導入しながら、低コストで運用できるクラウドコンピューティングの世界が実現できます。


シノジャパンが10年にわたり技術向上させてきたクラウドコンピューティング環境は、現在のIT環境において必須であり、モバイルデバイス拡販のための新たなチャネルを創造する機会になると捉えています。このことから、シノジャパンとフルノシステムズ両社では、お互い優位性のある技術領域を連携させることで、新規市場へ拡大が期待できるものと考えます。今後、物流業界をはじめ、流通、FA業界などの様々な業種業態に、「@Hyway」& 「finpad smart」が導入され、企業のトータルな価値向上に貢献できるものと確信しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング