【ランスタッド調査】日本は定年より長く働くことに高い意欲

PR TIMES / 2014年11月19日 14時42分

世界は早期リタイアを希望

総合人材サービス会社ランスタッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上守、以下ランスタッド)は、11月23日の『勤労感謝の日』に向けて、世界23の国と地域の約20万人に実施した調査の中から定年時期に関する結果を発表します。今回の調査で、日本は「働く必要があると考える年齢」が「リタイアしたいと思う年齢」を上回り、調査対象の中で唯一、より長く働くことに意欲が高いことが分かりました。



日本の調査結果の特筆事項

「働く必要があると考える年齢」より、「リタイアしたいと思う年齢」が上回ったのは日本のみ     グローバルでは平均して5歳ほど早くリタイアしたいという結果に
日本では、男性や管理職が長く働くことに意欲が高い


■調査結果 概要

「働く必要があると考える年齢」より、「リタイアしたいと思う年齢」が上回ったのは日本のみ
グローバルでは平均して5歳ほど早くリタイアしたいという結果に

「働く必要があると考える年齢」は、定年・年金制度など国の施策によって差が出ました。年齢が低いのはアジア諸国の平均57.8歳で、高齢化の進展により年金受給開始年齢が高い欧州では平均65.5歳と高い結果でした。「リタイアしたいと思う年齢」は、「働く必要があると考える年齢」から平均して5歳ほど早く、アジア圏では54.3歳、欧州では59.6歳でした。

一方、日本では、「働く必要があると考える年齢」が60歳に対し、「リタイアしたいと思う年齢」が62歳で、調査対象23の国と地域の中で唯一「より長く働きたい」と考えていることが分かりました。


日本では、男性や管理職が長く働くことに意欲が高い

日本国内では、性別、学歴、職位問わず、「リタイアしたいと思う年齢」が「働く必要があると考える年齢」を上回る結果でした。学歴による差はありませんでしたが、性別では男性、職位では特に管理職が、より長く働きたいと考える結果でした。


ランスタッド株式会社 代表取締役会長 兼 CEO マルセル・ウィガースのコメント

オランダなどの欧州諸国は、伝統的に仕事だけでなく、家庭・趣味を含む生活も同時に重んじる文化です。そしてバカンスなどの経験から、仕事を長期間離れて過ごすことに抵抗がありません。また、退職後もボランティア活動や趣味サークルへの参加など、社会と繋がる素地があり、退職は必ずしも社会的活動からの引退を意味するものでないことも、早期退職を希望する理由であると考えられます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング