AR動画コンテンツを簡単に作成できるWEBサービス「MARCS STUDIO」とスマートフォンアプリ「marcs」を同時リリース!

PR TIMES / 2014年3月18日 14時32分

~企業の動画マーケティングを強力にサポート~



AR技術をベースにスマートフォン事業を手掛けるアララ株式会社(レピカグループ、本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介 以下アララ)は、株式会社エーエヌラボ A.N.Lab Joint Stock Company(本社:東京都渋谷区、代表取締役:グェン ヴェトハ 以下エーエヌラボ)と共同で、Webブラウザ上で簡単にAR動画コンテンツが作成できるASP 型システム「MARCS STUDIO(マークススタジオ)」とスマートフォンアプリ「marcs(マークス)」を開発、3月18日よりサービスの提供を開始いたします。当サービスはエーエヌラボの持つ画像マッチング技術とアララの持つAR技術を応用して開発いたしました。初年度は日本国内を中心に200社の導入を目指すとともに、多言語化による世界展開も視野に開発を続けてまいります。

最近のAR市場において、企業がプロモーションに活用できるAR動画の需要は高まっていますが、高額な費用がかかることや、手軽に作成できないことが課題となっていました。アララでは、国内外300件以上の導入実績をもつスマートフォン向けARプラットフォームサービス「ARAPPLI(アラプリ)」の実績を踏まえ、AR動画の再生に特化したサービス<アラプリムービーソリューション・marcs(マークス)>を提供することになりました。「marcs」を利用すると、「MARCS STUDIO」と呼ばれるWeb ブラウザの管理画面で画像と動画を登録するだけで、簡単にAR動画コンテンツを作成することが出来ます。作成したAR動画は、スマートフォンアプリ「marcs」を使って、簡単に視聴することができます。

<「marcs」使用イメージ>


※ポスターにかざした実際のスマートフォンの画面に動画が流れるので、あたかもポスター上のスマートフォンの画面が動き出したかのような錯覚を起こします。


【「marcs」の3 つの特徴】

1. 誰でも手軽に使えるWeb ブラウザサービス「MARCS STUDIO」
「MARCS STUDIO」は、ユーザーがコンテンツの登録・公開、それに伴う課金処理まで、一貫してweb ページ上で行うことができるサービスです。登録する素材は、動画再生のきっかけとなる画像と再生したい動画の2点のみ。シンプルな管理画面で操作も非常に簡単なので、専門的な知識も必要ありません。写真やテキストデータをメールに添付するような感覚で、気軽に動画をアップロードすることができます。また、AR動画の再生後に関連URL を表示したり、動画再生を行わずに直接webサイトへつなぐ、といった設定にも対応が可能です。ターゲットとなる画像に対して「何の動画を紐づけるか」、「出現位置や大きさはどうするのか」といった基本的な設定から、動画の再生期間なども設定することができます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング