バイク王 バイクライフ研究所レポート 003 ~7月22日は親子の日!~ あなたは父親のことを尊敬していますか? 親子ライダーの約9割が父親のことを尊敬している!

PR TIMES / 2012年7月20日 18時9分



 オートバイライフの楽しさやオートバイ市場の動向などを広く社会に発信することを目的に活動を行う『バイク王 バイクライフ研究所』(所在地:渋谷区広尾、所長:澤篤史)は、排気量51cc以上のバイク免許を保有している20代~60代の男性500名とバイクの免許を所有していない20代~60代の男性500名の計1000名を対象に、インターネットによる調査を2012年7月に実施しましたので、本日その結果を発表します。

【調査結果サマリー】
■親子揃ってライダーの場合、子供が父親のことを尊敬する割合約9割!
■一緒にツーリングしてみたいと思う「親父芸能人」第1位は岩城滉一さん!
■父親に乗って欲しいバイク第1位は“ワイルドさ”NO.1のハーレーダビッドソン!

【調査概要】 オートバイに関する意識調査
・調査方法 :インターネットアンケート
・調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社
・調査実施期間 :2012年7月17日(火)~2012年7月19日(木)
・対象地域 :全国
・対象者 :排気量51cc以上のバイク免許を保有している
         20代、30代、40代、50代、60代の男性500名、
バイク免許を所有していない
20代、30代、40代、50代、60代の男性500名 計1000名

※本リリースの調査結果を掲載される際は、必ず「バイク王 バイクライフ研究所調べ」とご明記ください。
※本リリースに記載していない調査結果もございます。詳細は下記PR事務局までお問い合わせください。
※URLのリンクは、本調査結果の公開先であります、下記いずれかを設定いただけますと幸いです
・バイク王 バイクライフ研究所Facebookページ( http://www.facebook.com/bikelifelab )
・バイク王 バイクライフ研究所ホームページ
( http://www.ikco.co.jp/lab/ )

<調査結果サマリー>

■バイクの免許を持たない人の約7割が父親のことを尊敬しているのに対し、
親子ライダーの子供が父親のことを尊敬する割合約9割!

 来る7月第4日曜日(7月22日)は写真家 ブルース・オズボーン氏が提唱する「親子の日」です。

 そこで、親子揃ってバイクの免許を持つライダーと、バイクの免許を持たない一般男性に「自分の父親への尊敬度」の調査を実施したところ、バイクの免許を持たない人の約7割が父親のことを尊敬していると感じているのに対し、親子揃ってバイクの免許を持つ人の約9割が父親のことを尊敬しているということが分かりました。

 両者の間に差が生じた理由としては、ライダーの父親を持つ人は父親に対し、約3割の人が「若々しい」、約2割5分以上の人が「男前/ワイルド」と感じている点が挙げられることに加え、「バイクに乗って活動する姿が憧れ」という解答もあり、ライダーのアクティブに活動する姿が尊敬の念を抱かせる要因になったと言えるでしょう。またバイクだけに留まらず、親子で共通の趣味を持つということが、親子関係を良好にしているとも考えられます。


■一緒にツーリングしてみたいと思う「親父世代」の芸能人第1位は岩城滉一さん!第5位には『若大将のゆうゆう散歩』が好調の加山雄三さんがランクイン!!

1位:岩城滉一
2位:所ジョージ
3位:舘ひろし
4位:高倉健
5位:加山雄三
5位:梅宮辰夫
5位:藤岡弘、
8位:北野武
9位:矢沢永吉
9位:石原裕次郎

 親子の日を記念してライダー500名に一緒にツーリングしてみたいと思う「親父世代」の芸能人を調査した結果、「ワイルドでこの人以外、考えられないから」や「一緒にいてカッコイイと思われそうだから」などの理由から岩城滉一さんが堂々の一位に選ばれました。ライダー達からの根強い人気はもちろんのこと、今旬なワードである“ワイルド”が最も似合う親父世代の芸能人と言えるでしょう。
 第2位には自由人のイメージの強い所ジョージさん、第3位には同じく“ワイルド”なイメージのある舘ひろしさんが選ばれました。第5位には『若大将のゆうゆう散歩』も好調な加山雄三さんがランクインとなりました。


■父親に薦めたいバイク第1位は“ワイルド”の王道ハーレーダビッドソン!
第2位はホンダ スーパーカブがランクイン!

1位:ハーレーダビッドソン シリーズ
2位:ホンダ スーパーカブ
3位:ヤマハ SR400
4位:BMWブランドの車種
4位:ホンダ CB1300シリーズ
6位:陸王
6位:ホンダ CB400シリーズ
8位:ホンダ ゴールドウィング
8位:ヤマハ マジェスティ
10位:トライアンフ ボンネビル

 ライダー500名に聞いた父親に薦めたいバイクの調査結果は、上記の通りです。

 第1位を獲得したのは、「ハーレーダビッドソン」です。ライダーにとって根強い人気を誇るハーレーダビッドソンは、「60代以上のライダーが乗りこなしている様がカッコイイ」「ワイルドなオヤジ」のイメージが強いことなどが選ばれた主な理由でした。

 なお、第2位には「乗っている姿がカワイイ」などの理由からホンダのスーパーカブがランクインする結果となりました。
今年の夏は、ハーレーダビッドソンを乗りこなすワイルドなお父さんとツーリングを楽しまれてはいかがでしょうか。

【バイク王 バイクライフ研究所について】

 バイク王 バイクライフ研究所は、『オートバイライフの総合プランナー』をビジョンに掲げるアイケイコーポレーションが、オートバイライフの楽しさやオートバイ市場の動向などを広く社会に発信することを目的に、2011年8月に発足した情報発信組織です。
 昨今、オートバイ業界は新車の販売不振や趣味嗜好性の多様化による若年層のオートバイ離れなど、明るいニュースに乏しい状況が続いています。
 バイク王 バイクライフ研究所は、中立的な立場を意識し、専門家やユーザーの方からの意見・データを収集・集積するとともにインタラクティブな情報交換を行い、その結果をユーザーの方やマスメディアに向け、積極的に発信することで、オートバイ業界の活性化に寄与していきたいと考えています。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング