ルポルタージュ「ル・マン24時間耐久レース」 伝統ある長距離レースでBosch Motorsportのテレメトリーシステムが活躍

PR TIMES / 2012年6月26日 11時35分



・2012年6月16~17日開催の「ル・マン24時間耐久レース」で Bosch Motorsportのエンジニアが奮闘
・テレメトリーシステムがレーシングチームをサーキットでサポート
・Bosch Motorsportがモーターレース用に適合された製造技術やカスタム仕様製品を提供

「夜中、2つのヘッドライトが遠くに見え、それが次第に接近。静寂を切り裂くようなエンジンの爆音とともに、レーシングカーが目の前を疾走していく。暗闇の中、2つのブレーキディスクが、熱く真っ赤に照らし出され火花が散る。マシンは、ヘアピンカーブを抜けると再び、耳をつんざくような轟音で加速。そして、闇夜に静寂が戻る。」昼夜24時間続くレースで、このような光景が1万回以上繰り返されます。レースファンなら幾度となく魅了されるシーンですが、ボッシュのエンジニアは画面をにらみながら、別のことを考えています。彼の注意は完全にデータ、曲線、直線、数値、測定値だけに向けられています。

「ル・マン24時間」は世界で最も有名な耐久レースで、56台のレーシングカーが参戦し、参加チームは勝利、栄光、名誉を賭けて覇を競います。ドライバーとマシンの限界に挑戦する80回目のレースが、今年は6月16~17日に開催されました。ドイツ南部のシュトゥットガルト近郊の町、アプシュタットで勤務するBosch Engineering GmbHのエンジニアにとっても、このレースは1年間の仕事のクライマックスであり、興奮に包まれた24時間となります。伝説のル・マン・レースでは、フランスの町ル・マンから隣接するミュルサンヌ村まで、全長約14 kmの周回コースが使用され、その一部は一般道となっています。世界的に有名なダンロップブリッジと世界最長のユノディエールストレートの第1セクションから、ミュルサンヌヘアピンまでが前半区間で、後半区間にはカーブの多い難しいコースが続きます。2011年にゴールを迎えた優勝車は、このコースを354周しました。

Bosch Motorsportのエンジニアと開発担当者は、1年前からこの耐久レースに向けて準備してきました。レースが終わると、再び新たなスタートとなります。オフィス、整備工場とラボは直ちに、翌年のレースの準備に着手するのです。Bosch Motorsportは、ル・マンでスターティンググリッドについた約半数の車両に、コントロールユニット、燃料噴射システム、センサー、ディスプレイ、ワイヤーハーネスなど、非常に複雑なレーシング技術を提供しています。これらのコンポーネントはすべて、世界で最も過酷なレースのために開発・製造・テストされたものです。ボッシュのスタッフは、アウディ・スポーツやコルベットなど、カーメーカーのビッグチームの近くでサポートを行います。カーメーカーのピット内では、ボッシュの専門家によるサポートも頼りにされています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング