~その動画マーケティング、KPIは明確ですか?~ スパイスボックスとマクロミル 動画マーケティング領域でサービスを共同開発

PR TIMES / 2014年4月14日 16時14分

オンライン動画マーケティングにおけるKPI設定からメディア運用~コンテンツ制作~分析までを ワンストップで支援する、動画マーケティング総合支援サービス『Tube+(チューブプラス)』を提供開始。WEBログ情報による実行動ベースで、認知、興味喚起、購買意向などの態度変容の把握が可能に。



株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長:田村栄治)と株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、動画マーケティング領域におけるKPI(評価指標)設定からメディアプランニングと運用、動画コンテンツの企画・制作、効果分析までをワンストップで提供する動画マーケティング総合支援サービス『Tube+(チューブプラス)』を提供開始いたします。

近年のスマートフォン・タブレット端末の普及と回線の高速化、YouTubeやニコニコ動画等の動画共有サービスの定着により、生活者がインターネット上で動画を視聴する機会は増加傾向にあります。とくに国内最大の動画共有サービスであるYouTubeは、日本国内の月間平均ユーザー数2,700万人(※1)を超え、高いリーチ力と動画による訴求力を兼ね備えたメディアとして、企業のマーケティング活動において年々注目が高まっています。

一方で、動画マーケティングには注目しているものの、何の指標をKPIとして効果測定をすれば良いのかわからず、実施に二の足を踏んでいる企業も少なくありません。また、動画コンテンツは高い表現力によってインパクトのある訴求が期待できるものの、クオリティマネジメントが困難である、従来のパートナー企業に依頼すると制作コストが高くかかる等、コンテンツ制作にあたっての課題も多いのが現状です。

こうした状況を踏まえ、企業の動画マーケティングを総合的に支援するワンストップサービス『Tube+(チューブプラス)』を提供することに致しました。具体的には、各企業の実施目的に合わせた動画マーケティングのKPI策定支援と、マクロミルが提供するマクロミルモニタのWeb行動を調査・分析できる「Access Mill(アクセスミル)」とを組み合わせ、効果測定・分析をサポートします。WEBログ情報による実行動ベースで、動画広告の接触者や特定サイトの訪問者などを対象とし、今までのClickベースの分析ではわからなかったクリエイティブやフリークエンシーの違いによる認知や興味喚起、購入意向など態度変容にもたらした影響を可視化・分析(※2)することで、動画マーケティングの最適化を実現します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング