北海道電力株式会社 石狩湾新港発電所向けコンバインドサイクル発電システムを受注   - 販売拡大に向け東芝とGEの戦略的提携関係を強化 -

PR TIMES / 2014年4月15日 11時28分

====================================================
株式会社 東芝
ゼネラル・エレクトリック・カンパニー

北海道電力株式会社 石狩湾新港発電所向けコンバインドサイクル発電システムを受注
- 販売拡大に向け東芝とGEの戦略的提携関係を強化 -
====================================================


 東芝は、北海道電力株式会社から、石狩湾新港発電所の1号機LNG(液化天然ガス)火力発電設備向けに、米国ゼネラル・エレクトリック社(GE)の新型ガスタービン9HAと東芝製最新鋭蒸気タービン・発電機を組み合わせたガスタービンコンバインドサイクル 発電システム(以下、GTCC)を主契約者として受注しました。

 受注したのは、世界最高のプラント熱効率62%(低位発熱量ベース)(注1)を実現したGTCCです。計画出力は569.4MWで、工事開始は2015年10月を予定しています。今回、東芝とGEがこれまで協力して進めてきた販売活動のなかで、システムの効率性に加え、機器の信頼性、技術力、サービス体制などが総合的に評価され、受注に至りました。両社は本発電システムの提供を通じ、将来的な電力の安定供給に向け、燃料の多様化によるバランスの取れた電源構成の構築に寄与します。
 
 東芝とGEは、1982年からGTCCに関して協力関係にあり、1996年5月にはサービス分野で合弁会社「東芝・ジーイータービンサービス株式会社」を設立し、ガスタービン 高温部品の国内でのメンテナンス体制を確立するなど、協力関係を構築してきました。2011年10月からは、50Hz(ヘルツ)および60Hzの地域に向けて、世界最高レベルの高効率なシステムについて、グローバルでの販売協力体制を構築し、本格的な商業販売を進めてきました。また、2013年10月には、さらなる関係強化に向け、GTCCの共同企画やマーケティングをはじめ、機器の信頼性や品質向上、次世代のGTCCの開発に向けた戦略的提携関係を構築することで合意しました(注2)。

 東芝とGEは、この戦略的提携契約の締結後における初の案件となる今回の受注を契機に、今後も協力関係を維持・強化し、さらに高効率で、NOXやCO2の排出が少なく環境負荷の低いGTCCをグローバルに提案していくことで、火力発電事業の拡大を目指します。

(注1) 2014年4月15日時点。東芝・GE調べ。
(注2) 2013年1月に締結した戦略的提携関係の構築に関する覚書に基づく契約です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング