ハロウィーンに便乗した詐欺サイトを検知

PR TIMES / 2014年11月19日 17時20分

~インターネット詐欺リポート(2014年10月度)~

ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都港区、社長:瀧進太郎、以下「BBソフトサービス」)は、同社が運営するインターネット詐欺、サイバー犯罪対策情報サイト「オンラインセキュリティ」にて、2014年10月度のインターネット詐欺リポートを発表します。

http://onlinesecurity.jp/reports/2014/201411.html



このリポートについて
BBソフトサービスの「Internet SagiWall(TM)(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした、2014年10月度のインターネット詐欺リポートです。
このリポートは、日本のインターネット利用者が直面するネット詐欺の脅威とネット詐欺に対する注意喚起を目的として、「Internet SagiWall(TM)(インターネットサギウォール)」が検出・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を報告するものです。

検知状況
総検知数は83万7,747件で、前月比14.2%増加しました。
ワンクリック・不当請求詐欺サイトは88.8%(前月比5.8ポイント減)、フィッシング詐欺サイトは10.1%(前月比5.2ポイント増)、マルウエア感染サイトは0.0%(前月比変わらず)、ボーガスウエア配布サイトは0.6%(前月比0.4ポイント増)、ぜい弱性悪用サイトは0.5%(前月比0.2ポイント増)でした。

OSごとのネット詐欺種類検知率


ハロウィーンに便乗した詐欺サイトを検知
ハロウィーンの仮装用衣装販売を装った詐欺サイトを検知しました。85%オフという大きな値引きで注意を引く手口で、購入しても商品が送られてこないだけでなく、個人情報を盗み取られるという被害に遭う可能性があります。ハロウィーンは日本でも数年前から定着し、多くのメディアで仮装パーティーの模様が取り上げられることも多く、犯罪者集団のターゲットになったものと想定されます。

このような詐欺サイトは廉価販売によって集客を行い、違法なコピー品、粗悪な商品が送られてくるだけでなく、商品が送られず代金を搾取されるなどの被害が報告されています。また、最近は犯罪者が入手したクレジットカード情報を使って物品を購入し、それを転売して現金化したり、クレジットカード情報そのものをブラックマーケットで売買したりするなどの手口も確認されており、2次的な被害に発展する可能性もあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング