GAORA SPORTS、放送メディアとして史上初めて 日本プロテニス協会 協会賞 特別賞を受賞!

PR TIMES / 2014年11月25日 18時38分

株式会社GAORA(本社:大阪市北区、代表取締役社長:東 龍一郎)は、公益社団法人日本プロテニス協会(佐藤直子会長)が贈る「協会賞」の「特別賞」を受賞しました。



同協会が毎年テニス界の様々な方面における顕著な活躍や、テニス界を盛り上げ、活性化に大きく貢献した個人・団体に贈る「協会賞」で、GAORA SPORTSが「特別賞」を受賞。これはテニス中継拡大や、オールシーズンでテニスをたっぷり視聴できる環境作りの姿勢が高く評価されたものです。協会賞を放送メディアが受賞するのは史上初めてとなります。

11月24日(月・祝)に東京で行われた授賞式には弊社代表取締役社長・東龍一郎のほか、「PLAYER OF THE YEAR」を受賞した錦織圭選手、奈良くるみ選手も出席。両選手のツアーでの好成績もあり、非常に華やかな雰囲気で行われました。

GAORA SPORTSは1990年の開局直後からテニス中継を開始し、現在では男子テニスATPワールドツアーの マスターズ1000/500/250/ファイナルズを中心に、 東レ パン パシフィックテニスやジャパン・ウィメンズ・オープンなど国内外のテニストーナメントを年間22大会、290試合以上中継。国内最大のテニス中継チャンネルです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング