【gamba!イマドキ日報 調査レポート】92.5%のユーザーが「自分以外の日報を見る」と回答

PR TIMES / 2021年1月6日 15時15分

日報で「他部署業務の見える化」や「社内ナレッジシェア」を実現の声

日報アプリ「gamba!」を運営する株式会社gamba(代表取締役社長:松田充弘 本社:神奈川県横浜市)の調査機関「gamba!日報総研」が「日報に関するアンケート」をgamba!ユーザーを対象に調査を実施しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16210/15/resize/d16210-15-710769-1.png ]

【gamba!イマドキ日報 調査レポート】92.5%のユーザーが「自分以外の日報を見る」と回答
https://www.getgamba.com/info/archives/30179/

調査について


調査名:「gamba!に関するアンケート」
実査時期:2020年12月21日(月)~2020年12月31日(木)
調査方法:インターネット調査
調査対象:gamba!ユーザー
回答者数:135名




92.5%が自分以外の社員の日報を気にしている

「他のメンバー(自分以外の社員)の日報を読みますか?」という質問に対し、ほとんどのユーザーが「はい」と回答しました。

Q:他のメンバー(自分以外の社員)の日報を読みますか?

[画像2: https://prtimes.jp/i/16210/15/resize/d16210-15-462758-2.png ]



「はい」  92.5%
「いいえ」   7.5%



日報で「何をしているかわからない人」の業務が見える化が実現

「他のメンバー(自分以外の社員)の日報について(複数回答)」の質問では、自分以外の社員の日報から会社の状況を把握している人が60.7%いることがわかりました。また、55.6%のユーザーが自身の業務のヒントや改善にも他の社員の日報を役立てていました。さらに、「何をしているかわからない」という他部署間で生じやすい業務の相互理解も50.4%のユーザーが改善につなげている事がわかりました。

Q:他のメンバー(自分以外の社員)の日報について

[画像3: https://prtimes.jp/i/16210/15/resize/d16210-15-750470-3.png ]




gamba!導入後、会社の状況がリアルタイムで見れるように

「gamba!導入前と後で変化があったことを教えてください(選択式・複数回答可能)」という問いについて最も多かった回答は61.2%の「会社の状況をリアルタイムで見れるようになった」でした。また約40%以上のユーザーが業務効率を実感し、33%のユーザーが「他の社員の日報を読むのが楽しい」と回答しました。

Q:gamba!導入前と後で変化があったことを教えてください

[画像4: https://prtimes.jp/i/16210/15/resize/d16210-15-970037-4.png ]




gamba!ユーザーの約75%が「自分の会社が好き」

「自身が所属する会社の高感度について」の質問では74.8%のユーザーが「とても好き」「好き」と回答し、「嫌いだ」と答えたユーザーはわずか2.3%でした。

Q: gamba!ユーザー自身が所属する会社の高感度について

[画像5: https://prtimes.jp/i/16210/15/resize/d16210-15-860894-5.png ]


「とても好きだ」32.8%
「好きだ」42.0%
「嫌いだ」2.3%
「特に思わない」22.9%



まとめ

テレワークが進む中で、クラウド上での人材育成やマネジメントの重要性が高まっています。今回の調査により、電子日報は日々の会社の動きがリアルタイムで集まるため、管理職のマネジメントだけでなく、部署間を超えたコミュニケーションの活性化にも期待できることがわかりました。また、日報アプリgamba!はスタンプなどを活用したSNS型のコミュニケーションが取れる仕様が特徴です。約75%のユーザーが自分の会社に好印象を持っていることから、会社の取り組みや方針を「gamba!」を使ってカジュアルに共有することができるため、仕事や会社にポジティブな印象が生まれているのかもしれません。


日報アプリ「gamba!」とは

「日報」と聞くと「アナログでストイック、楽しい要素とは無縁」と感じられますが、日々の業務や課題を記録に残すことができるので、実は最速で成長のためのPDCAサイクル回すことができるツールでもあります。しかし、従来の日報は、上司と部下だけのコミュニケーションとなっていたり、紙やメールで運用していても形骸化し「出さない、見ない、続かない」というケースがとても多かったと思います。日報アプリ「gamba!」は運用方法や機能に工夫を持たせることで、組織全体で一人一人の業務をリアルタイムで確認し、業務効率化やナレッジのシェアを実現します。ユーザー企業の自己実現と事業拡大、社会貢献の3つを同時に実現する「日報」を目指しています。


「gamba!日報総研」とは?

現代の日報文化について調査しレポートすることで、日報が人材育成やマネジメントにどの様に作用するのか、そしてリアルな働く人の声を集め、調査していく機関です。



代表取締役社長 松田充弘 プロフィール


[画像6: https://prtimes.jp/i/16210/15/resize/d16210-15-401356-6.png ]


1997年パーソルテンプスタッフに入社。2002年に当時の上司とスピンアウトし、パートタイム人材サービスの株式会社ビースタイルを創業。大阪支社長在任中に、ユニバーサルスタジオジャパンの全従業員(当時5000人)を繋ぐ社内SNS(Youpi)の導入プロジェクトを実施し、現在も1万人以上で利用される国内最大級の社内SNSとなっている。2014年に人材ビジネス構築支援会社である株式会社Next Actionを創業。代表取締役に就任し、gamba!とパートナー契約を締結。2018年に株式会社gamba 代表取締役に就任し、gamba!を活用した労働生産性向上支援を開始。累計500社以上の企業の事業拡大を支援している。現在は、グロービスMBA経営大学院の非常勤講師として、リーダーシップクラスに登壇中。



企業詳細


株式会社gamba
設立:2012年11月1日
本社:横浜市中区北仲通3-33 関内フューチャーセンター201
代表取締役社長:松田充弘
事業:アプリ開発、人材マネジメント支援

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング