【三浦工業株式会社】「2018年度ミウラグループ入社式」を開催

PR TIMES / 2018年4月4日 11時1分

今年度はミウラグループ計136名が入社しました!



 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市、社長:宮内大介)は、2017年4月2日、本社近隣にある三浦研修所体育館にて2018年度ミウラグループ入社式を開催し、今年度は、ミウラグループ 計136名(三浦工業119名、グループ会社(4社)17名)が入社いたしました。

 入社式には、社長をはじめ、執行役員や統括部長などが出席し、新入社員を歓迎しました。社長の宮内は、「限られた時間を有効に使って価値を生み出す努力と、相手を思いやりながら“愛”のあるコミュニケーションがとれる“ミウラ人“になってほしい」とエールを送りました。新入社員代表 三浦工業の山田将之は、「会社の戦力になるため、誠心誠意努力をしていきたい。」と決意表明をしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/28191/15/resize/d28191-15-700658-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/28191/15/resize/d28191-15-889048-1.jpg ]

 今後も新しい社員とともに、企業理念である「熱・水・環境の分野で、環境に優しい社会、きれいで快適な生活の創造に貢献」の実現に向けて積極的に取り組んでまいります。

<会社概要>
■三浦工業株式会社( http://www.miuraz.co.jp/
・代表者:代表取締役 社長執行役員 CEO 宮内 大介
・資本金:95億4400万円(2017年3月31日現在)
・設立:1959年(昭和34年)5月1日
・本社:愛媛県松山市堀江町7番地 〒799‐2696
・従業員数:単独2,991名、連結4,950名(2017年3月31日現在)、グループ5,013名(うち海外1,393名)※正社員・準社員のみ
・事業内容:小型貫流ボイラ・舶用ボイラ・排ガスボイラ・水処理装置・食品機器・滅菌器・薬品等の製造販売、メンテナンス、環境計量証明業 等

 

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング