人工知能スタートアップのシナモン、大手菓子メーカー・ブルボンへAI-OCR受発注業務効率化サービスの提供が決定

PR TIMES / 2020年1月16日 10時5分

ホワイトカラーの生産性を抜本的に改善する社会の実現へ向けて、大手菓子メーカーであるブルボンへAI-OCRを活用した受発注業務効率化サービスの提供が決定、株式会社シナモン

国内でも有数の大企業向け人工知能(以下、 「AI」)ソリューションを提供する株式会社シナモン (代表取締役CEO:平野未来 以下、シナモン)は、大手菓子メーカーの株式会社ブルボン(代表取締役社長:吉田康、以下、ブルボン)に非定型帳票対応型AI-OCR「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」を活用した受発注業務効率化サービスを提供することで合意しました。




ブルボンは、「おいしい笑顔の真ん中に」「おいしさ、思いやり、いつもいっしょに。」の2つの合言葉のもと、幅広いカテゴリーの菓子・飲料・冷菓・食品を提供しています。大手菓子メーカーであるブルボンには多くの卸売業者・小売店からの注文が日常的かつ大量に発生しています。これらの受注処理に対して、EDI(電子データ交換)によるシステム化が進んでいる一方で、FAXによる注文書も依然として一定の割合を占めています。このようなFAXによる注文書は、帳票のフォーマットが固定されていないことによる作業の煩雑化、FAX経由による注文書の解像度の低下、といった課題があり、従来型のOCRでは対応できず、ブルボンでも業務の効率化を図る中で、課題となっていました。

シナモンが提供するAI-OCR「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」は、これまでの従来型のOCRでは対応できなかった、「フォーマットが固定されていない帳票」や「Faxといった画質の良くない帳票」でも、効果的に情報を取り込むことを実現しております。

今後、ブルボンとシナモンは、「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」を受発注業務向けにパッケージ化された「Flax Scanner 受発注業務効率化サービス」を活用し、注文書処理業務の効率化を目指すとともに、他の業務においてもAIを活用した業務の効率化を推進していきます。

■業務プロセス改善のイメージ
画像化されたFAX注文書データをシナモンのAI-OCRエンジンへアップロード。抽出されたデータを基幹システムへ転送・格納します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/28252/15/resize/d28252-15-453337-0.jpg ]


■Flax Scanner受発注業務効率化サービス
このサービスでは以下の受発注業務の効率化を実現します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/28252/15/resize/d28252-15-796004-1.jpg ]


なお、シナモンでは、こちらの受発注業務効率化サービスに関するセミナー・資料を提供しております。
詳細についてははこちらのURLよりご覧ください。
https://cinnamon.is/202001_seminar_flax_ordering

■今後の展望
今後シナモンは、「ホワイトカラーの生産性向上」をテーマに、AIプラットフォームとしてのさらなる基盤を築き、業務改善を推進する様々なプロダクトの開発に取り組みます。具体的には、AI-OCRを活用した「Flax Scanner受発注業務効率化サービス」に続く、業務特化型のソリューションの製品ラインアップを拡充してまいります。

【株式会社ブルボン 会社概要】
社 名:株式会社ブルボン
URL: https://www.bourbon.co.jp
所在地:新潟県柏崎市駅前1丁目3番1号
設 立:1924年11月
代表者:代表取締役社長 吉田康

【株式会社シナモン 会社概要】
社 名:株式会社シナモン
URL: http://www.cinnamon.is
所在地:東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル6F
設 立:2016年10月
代表者:代表取締役CEO 平野未来
採用ページ:
募集職種および応募方法はこちらをご参照ください
http://cinnamon.is/recruiting/

■事業内容:人工知能プロダクト事業、人工知能コンサルティング事業
シナモンは、人間のように文書を読み取るAI OCRの「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」を中心に、独自開発の人工知能のエンジン提供を行っており、多数の国内外大手企業への提供実績を有しています。また、人工知能研究所をベトナム(ハノイ・ホーチミン)および台湾に構え、大量のAI技術者の獲得に成功しています。
2017年4月における「Flax Scanner」の導入以来、1,000社以上の商談実績を持ち、AI OCR領域において国内でトップクラスの技術を提供してまいりました。
直近では、特化型音声認識技術「Rossa Voice(ロッサ・ボイス)」の開発にプレローンチを行い、実証実験を開始しております。

■主力プロダクト「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」の概要
日常で使われているビジネス文書はほとんどが非構造的であるため、業務システムに取り込むために人の力が必要となっており、ホワイトカラーの業務に多くの無駄が発生しています。シナモンでは、人工知能文書読み取りエンジンを活用し、ホワイトカラーの業務を抜本的に改革いたします。対象となる文書は、PDF、Wordファイル、印字・手書きなどの紙文書など様々な文書に対応が可能です。現在は、金融・保険業界をはじめとした、多数の大手企業様へエンジン提供をしております。

【特徴】
様々なビジネス文書をAIが理解し、データベースに取り込めるようにすることで、ホワイトカラーの業務効率を抜本的に改善。
1) フォーマットが不特定でも読み込み可能
2) 手書き文字の読み込み精度が研究データで99.2%、実データで95-98% と高精度
3) 独自データベースの構築により、読み取りデータを自動補正
4) オンプレミス・クラウドともに対応可能で、顧客のセキュリティポリシーに応じた構築が可能

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング