Microsoft AppSourceでSloosの提供開始

PR TIMES / 2020年8月14日 11時45分

株式会社QuantumCore(クアンタムコア、本社:東京都品川区、代表取締役:秋吉信吾、以下「当社」)は、マイクロソフト コーポレーション(本社: 米国ワシントン州)が運営するAppSourceでSloosの提供開始



【AppSourceとは】
Marketplaceは、Microsoftと協力して市場進出活動を行うための出発点であり、ビジネスの成長を加速させるものです。発売プロモーション、需要創出、共同営業およびマーケティングを利用して、マーケットプレース プランをクラウド ビジネス エンジンの中心的な場所にすることができます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/39630/15/resize/d39630-15-262651-0.png ]

本取り組みにより、AppSourceからSloos試用版のお申し込みいただくことができ、マイクロソフト社のお客様へ共同提案も実施していきます。

またSloosは既にAzureで提供されておりますが、数ヶ月以内には機能やデザインを全面的にリニューアルした正式版の提供も予定しており、更なるサービス拡充やマイクロソフト社との連携を図ります。
【リニューアル版モック画像】
[画像2: https://prtimes.jp/i/39630/15/resize/d39630-15-327526-1.png ]




【計画中のリニューアル版追加機能】


Speech Serviceによる書き起こし精度向上
話者の事後登録・リアルタイムテキスト編集
テキスト形式の文字起こし出力
各種ブラウザ・スマートフォン対応
ルーム参加の承諾機能
Azure Active Directoryによるアカウント認証


【Sloosについて】
Sloos(スルース)は発言者毎の文字起こしができるサービスです。 汎用的なマイク1台で最大10名までの話者を識別し、 発言内容をリアルタイムで文字起こしすることが出来ます。既に試用含む350社以上でご利用いただいており、Microsoft TeamsやZoomのウェブ会議等と併用して利用する事も可能です。
サービスHP: https://sloos.qcore.co.jp/

【QuantumCoreについて】
レザバーコンピューティングを基にした、「少量データ」を「エッジ上」で「リアルタイム学習」できる多変量時系列処理ソリューション「Qore」を提供しています。ビックデータによる作りきりのモデルではなく、個人や環境へ柔軟に対応し、人に寄り添う技術の提供を実現させます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング