【アゴダ】アゴダが選ぶ『世界のリトリートホテル・6選』を発表

PR TIMES / 2019年5月28日 12時40分

~デジタルデトックスを渇望する旅行者に提案するウェルネス・リラクゼーション~

世界で最も急成長しているオンライン旅行会社(OTA)のひとつであるアゴダ( https://www.agoda.com/ja-jp/?site_id=1811392)が実施した調査によると、旅先でウェルネスを求めるグローバルトレンドの高まりに伴い、日本においてもデトックスやリラクゼーションを主な目的とした旅行が人気を高めていることが明らかになりました。



美容や健康市場規模は日本でも大きく、心身のリラクゼーションを求める傾向にあるグローバルトレンドや流行を取り入れ、日本の消費者市場でもブームを巻き起こしています。さらに、政府がインターネットやスマートフォンへの依存を社会問題として提起している背景から、多くの日本人が多忙な日常からスマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置き、リラックスできる休暇を望んでいます。

デジタルデバイスや忙しい日常の喧騒から離れ、リラックスしてストレスを軽減したい人たちにアゴダが提案する、究極の安らぎのリトリートホテルの詳細は以下の通りです。

1. アルガルヴェ (ポルトガル)


[画像1: https://prtimes.jp/i/40111/15/resize/d40111-15-589684-0.jpg ]

陽光降り注ぐポルトガル南部のアルガルヴェはゴルフとビーチリゾートとして人気の高い観光地ですが、スパリゾートとしても知られています。ウェルビーイングに特化したリゾート「ヴィララーラ タラッサ リゾート(Vilalara Thalassa Resort)」内のタラッサ&メディカル スパは、世界のタラソテラピーセンターの5選に入る治癒力ある海水を使用した独自のウェルネストリートメントを行っています。さらに、黄金に輝く砂浜がリラックスするのに適したユニークな景観を作り上げています。


2. ジギーベイ (オマーン)

[画像2: https://prtimes.jp/i/40111/15/resize/d40111-15-757408-4.jpg ]

オマーンのムサンダム半島に位置するジギーベイは、一方を雄大な山並に、他方をビーチに囲まれた心身ともにリラックスできる隠れ家的なデスティネーションです。ここにある「シックスセンシズ ジギーベイ(Six Senses Zighy Bay)」は、ホリスティックなウェルネスプログラムをお探しの方に最適で、リラックスのできるリゾートとなっています。同ホテルでのウェルネスプログラムは、お客様のライフスタイルそのものをより健康なものにするため、カウンセリングから始まります。デトックス、フィットネス、リラクゼーション、アドベンチャーなどの多彩なプログラムからご選択いただけ、ご滞在を最大限有効に生かしていただくためにお客様のスケジュールに合わせてトリートメントの所要時間を設定します。


3. リシケシュ (インド)

[画像3: https://prtimes.jp/i/40111/15/resize/d40111-15-950015-1.jpg ]

身体と精神を清める聖なる川、ガンジス流域に位置するインドのリシケシュでは同川の絶景と静寂に包まれたスピリチュアルな環境でのリフレッシュが期待できる「アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル(Aloha on The Ganges Hotel)」が、自己を見つめ直すリトリートの滞在に適しています。スパ・トリートメント、瞑想、ヨガ、それに同ホテルの代名詞ともいえるアーユルヴェーダ式トリートメントで心身ともにリラックスできます。


4. プーケット (タイ)

[画像4: https://prtimes.jp/i/40111/15/resize/d40111-15-931200-2.jpg ]

楽園の島、プーケットで心身のインナーバランスを整える旅はいかがでしょうか。青々と茂った緑に覆われた丘と細かい砂のビーチに囲まれたプーケットは、日常の喧騒から離れ、静寂を取り戻すのに理想的なデスティネーションです。絵画のように美しいラヤン海岸に立地する「アナンタラ・ラヤン・プーケット・リゾート(Anantara Layan Phuket Resort)」では、リラックスしたビーチで内面のバランスを回復させる、バランス・ウェルネス・リトリートというプログラムをご用意しております。また、心地良いスパ・トリートメントで、心ゆくまで存分にリラクゼーションを堪能できます。


5. バリ (インドネシア)

[画像5: https://prtimes.jp/i/40111/15/resize/d40111-15-459423-5.jpg ]

インドネシアのバリは癒しを求める方に人気の高いデスティネーションです。ウブド中心街から離れた深い森の中に建つ優雅なホリスティック・リゾート「コモ シャンバラ エステート(COMO Shambhala Estate)」では、現代科学と古代のヒーリングを融合させたホリスティックなウェルネスプログラム、リトリート・フォー・チェンジがお勧めです。バトラーサービスがあらゆるリクエストに応じ、快適なご滞在を約束します。ウェルネスプログラムでは浄化、活性化、アーユルヴェーダ、専門スタッフがゲスト一人ひとりのニーズに合わせたビスポークを4つの柱としてご提案しています。


6. アリカンテ (スペイン)

[画像6: https://prtimes.jp/i/40111/15/resize/d40111-15-732255-3.jpg ]

スペイン・バレンシア州の南にある都市、アリカンテも、ウェルネスのデスティネーションとして高い人気を誇ります。ラルファスデルピにある「SHAウェルネス クリニック(SHA Wellness Clinic)」では、自然療法、栄養学、予防医学を融合したSHAメソッドに基づくオーダーメイドの独自プログラムを体験することができます。心身のバランスを回復するおいしいマクロビオティックな食事、マッサージ、エステトリートメントの組み合わせを満喫することができます。

その他の宿泊施設についてはアゴダの公式サイトもしくは、アプリをダウンロードしてご覧ください。


【アゴダ(R)について】
2005年にシンガポールにてITスタートアップ企業として創業したアゴダは、世界で最も急速な成長を続けるオンライン旅行予約プラットフォームの一つです。今日、世界200以上の国や地域において200万軒以上の宿泊施設を取扱っており、ラグジュアリーホテルから格安ホテルはもちろんのこと、アパートメント、民泊物件、ヴィラやスイートなど、様々な予算レベルや旅行のシーンに対応する幅広いチョイスを世界中の旅行者に提供しています。シンガポールに本社を据え置き、Booking Holdings(Nasdaq:BKNG)の傘下企業として現在、30カ国以上53の都市に支社を構え、総従業員数は3,700人以上に上ります。また、ウェブサイトのAgoda.comおよびモバイルアプリは38カ国語でご利用いただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング