【好調】8月リリースの「ICHIBA」がリリース初月で450万円の取引額を記録

PR TIMES / 2020年9月25日 12時45分

今年8月にリリースされた日本円建だいたい安定通貨「ICHIBA」が450万円の取引額を記録いたしましたことをお知らせいたします。

日本暗号資産市場株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:岡部 典孝)は、2020年7月に日本円・BTC・ETHで購入可能な前払式支払手段ERC20トークンである「ICHIBA」はリリース初月で450万円の取引額を記録いたしました。広告費をかけずにこの取引額を記録しましたが、今後もこの勢いのまま拡大を目指してまいります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/54018/15/resize/d54018-15-466782-1.png ]



日本暗号資産市場株式会社は2019年11月に創業しました。2020年3月17日に東京都公安委員会より古物市場主の許可により世界初の暗号資産古物市場開設許可を取得しました。2020年8月にICBホワイトペーパーの公開及びICBの発行を行い、ICBの販売を開始。ICBとETHのペアをはじめとした暗号資産取引額が450万円を記録し、一定の流動性の確保に成功し、今後も広く拡大していくことが見込まれます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/54018/15/resize/d54018-15-103059-0.png ]



ICBの購入・代理購入サービスの利用は以下のURLから
https://icb.jcam.co.jp/
ICHIBAのTwitterアカウントはこちら
https://twitter.com/ICBpjt


日本円だいたい安定通貨ICHIBA(ICB)の特徴

・事業者であれば誰でも購入可能

・日本円/BTC/ETHで購入可能

・物/金券/オフィスチェアなどの古物の購入に利用可能


ICBはICB公式サイトより事業者であればどなたでも購入可能(10,000円、100,000円、1,000,000円の購入単価から選択可能)です。ICBは、ICB販売サイトにてAmazonをはじめとしたECサイトを利用した物の購入や金券の購入、あるいは移転時に必要なイスや机などオフィスに必要な物品など古物の購入に利用可能です。

今回の取引により、より弊社のサービスを利用していただきやすくなりました!
ICHIBAが解決する問題

ビットコインやイーサリアムなどブロックチェーンを活用した決済手段が2010年前後から台頭しましたが、価格変動が大きく、決済手段としての利用は困難を極めました。そういった問題意識から、近年ではブロックチェーンを活用した決済手段は進歩し、法定通貨や暗号資産を担保にした、だいたい安定通貨が複数の機関から発行されました。ETH建の前払式支払手段やUSD建の前払式支払手段の台頭はあるものの、日本における実用化は遠いものでした。ICBは事業者用自家型前払式支払手段ERC20トークンでありながら無担保型だいたい安定通貨を実現することで、物との売買を円滑にし、古物市場に参加する古物商が現金を持ち運ぶリスク低減に努め、事業者のキャッシュレス活動を推進します。


ICBの価格安定メカニズム

ICBはuniswapなどの非中央集権前払式支払手段取引所にてICBの投入が多く、二次流通価格が1ICBが1円を下回る時、発行体はUniswapで保有するETHやその他のERC20トークンからICBにSwapし、価格の安定(0.99円まで)を試みます。仮に二次流通価格が1ICB=1円を上回る場合には、当社が1ICB=1円で販売することにより二次流通価格も1ICB=1円近辺に安定すると考えております。
450万円分の取引があった後でも、運営が買いを入れることなく、ICBの価格は安定しております。
ICHIBAを購入する方法

ICHIBAは2020年8月11日から販売開始であり、ICB公式サイトより日本円・BTC・ETHで購入可能です。購入単位は10,000 ICB・100,000 ICB・1,000,000 ICBの3つです。

ICBの購入は以下のURLから

https://icb.jcam.co.jp/
日本暗号資産市場株式会社について

日本暗号資産市場株式会社は2019年11月に創業、「全ての鶏・卵問題を解決する」をミッションに掲げ、事業をスタートしました。


2020年2月に古物商許可、同年3月に古物市場主許可を取得し、ブランド品をはじめとする古物を売買しておりましたが、ICHIBAの発行により、日本国内でのブロックチェーンを活用した決済手段と物の取引の活性化を図ります。
※1 だいたい安定通貨とは、安定した価格を実現するように設計された通貨です。


【日本暗号資産市場株式会社 について】

■ 会社概要

・会社名   :日本暗号資産市場株式会社

・代表者  :代表取締役 岡部 典孝

・所在地  :東京都新宿区下落合3-15-22 ランドール目白502

・設立   :2019年11月

・事業内容 :古物営業法に基づく古物商および古物市場の運営

・URL   : https://jcam.co.jp/


【本サービスおよび、本プレスリリースに関するお問い合わせ先】

・お問い合わせ先 :日本暗号資産市場株式会社 広報担当 岡部・原沢

・Tel   :03-6908-3514

・E-Mail :intel@jcam.info

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング