1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

2024年春 初開催! 青森県内5つの美術館・アートセンターによるアートフェス各館の展覧会・プロジェクトの開催概要 第一弾発表!

PR TIMES / 2023年11月8日 19時15分

AOMORI GOKANアートフェス2024 ーつらなりのはらっぱー  2024年4月13日(土) ― 9月1日(日)

この度、青森県内にある現代美術を楽しめる5つの美術館・アートセンター(青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)を中心に2024年4月13日(土)から9月1日(日)まで「AOMORI GOKAN アートフェス」を初開催します。

2020 年よりこれら 5 館が連携し、県民や観光客が青森のアート体験と共に、地域の周遊を喚起する「5 館が五感を刺激する―AOMORI GOKAN」プロジェクトを発信してきましたが、いよいよそれぞれの館の特徴を活かした多様なプログラムを企画する新しい形のアートフェスが始動します。

最大の特徴は展覧会やプロジェクト、パフォーマンスなど、この地に根差して活動する各館のキュレーターが協働で実施するもので、2024年度のテーマは「つらなりのはらっぱ」に決定。アートを起点に県内各地域にある自然や食、建築など豊かな文化に触れることを通じて、青森の魅力を発見する機会となります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/89259/15/resize/d89259-15-7ea501942ee4573393fd-6.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/89259/15/resize/d89259-15-182730cef15540f7c14e-3.jpg ]

<2024年度テーマ「つらなりのはらっぱ」について> 
「はらっぱ」と聞いて思い浮かべる風景は人それぞれ違うように、青森には「はらっぱ」にたとえられる、個性豊かな5つの現代美術を扱う館が揃っています。「はらっぱ」は目的をもって行くところではなく、訪れることでなにかに出会い、なにかが起こる、特別だけれど日常とも地続きの場所です。そこは、訪れては去っていく人間、動物、植物などの訪問者たちが関係する境界上に位置し、日々思い思いの活動が繰り広げられる場とも言えます。本テーマには、5つの美術館やアートセンターがまさに「はらっぱ」のように機能し、それぞれの個性的な活動のつらなりから新たな関係性が紡がれていくようにとの想いが込められています。5館それぞれの「つらなりのはらっぱ」をとおして、これまでにない風景がいま、ここに立ち上がることを目指します。
*************************************************************


本アートフェスの特徴
■新しい文化芸術ネットワークの在り方を探るアートフェス
本アートフェスではディレクターを置かず、5館の学芸員が集まって議論を重ね、コンセプトやテーマを練りあげていきました。これは新しい文化芸術ネットワークの在り方を探り、青森県の文化的多様性とその魅力を伝えていく試みとなります。

■5館の個性を接続させることで浮かび上がる 2024 年度「つらなりのはらっぱ」というテーマ
5館は青森市、弘前市、十和田市、八戸市にそれぞれ点在し、文化圏や都市機能の異なる地域で、それぞれ個性的な活動を行っています。本フェスはそれら5館がゆるやかにつながり、その効果を県全域に波及させていくことを目指した「芸術文化体験+観光」プロジェクトで、今年度のテーマは「つらなりのはらっぱ」。各館の特徴を活かした展覧会の開催と、連携のシンボルとなるような作品の設置も行います。

■子どもたちが楽しく、アートに触れられる、5館共通のラーニング・プログラム
各館の展示やプロジェクトをより深く楽しむための、子どもや親子を対象とした様々なラーニング・プログラムを5館が連携して開催します。5館をめぐり、その「つらなり」を体感できるプログラムです。

■青森県内の多彩な魅力を5つの美術館、アートセンターを軸に体験する周遊プラン
本州最北端に位置し、三方を海に囲まれた青森県は地域により気候や風土が異なり多彩な伝統、自然、食文化に恵まれています。アートフェスでは、その魅力を再発見してもらうことを目的に、工芸、建築自然などをテーマに周遊コースを設定。国内外からの観光客、また県民や周辺地域に在住の方に向けてアートを通じた新しい体験を提案します。

*************************************************************
■各館の展覧会・プロジェクト名
・青森県立美術館:かさなりとまじわり
・青森公立大学 国際芸術センター青森[ACAC] :
currents / undercurrents -いま、めくるめく流れは出会って
・弘前れんが倉庫美術館:1.蜷川実花展 with EiM:儚なくも煌めく境界  2.弘前エクスチェンジ#06「白神覗見考しらかみのぞきみこう」
・八戸市美術館:エンジョイ ! アートファーム !!
・十和田市現代美術館:野良になる
 *この他県内各地での連携企画を予定しております。
*************************************************************
[画像3: https://prtimes.jp/i/89259/15/resize/d89259-15-d9862bd2700e0009fa78-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/89259/15/resize/d89259-15-ad8fdb73f84c2afb13fb-2.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/89259/15/resize/d89259-15-6b0a568242c39aac8724-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/89259/15/resize/d89259-15-7441a003dcbca36b4483-5.jpg ]

ーーーーーーーーーー
▼各館の展覧会概要、並びにリリースに使用した画像類は以下よりダウンロードください
https://tinyurl.com/yc336kby
ーーーーーーーーーー


[画像7: https://prtimes.jp/i/89259/15/resize/d89259-15-270c1ceb6f21fb404946-5.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください