効率化したい家事第1位の「料理」をはじめ、 スマートフォンやお掃除ロボット、ネットスーパー、お惣菜の素などを上手く活用し スマートに家事をこなす“スマカジ”主婦が出現

PR TIMES / 2012年2月1日 13時0分



江崎グリコ株式会社(所在地:大阪府大阪市 代表取締役社長:江崎勝久)はこのほど、首都圏・関西圏在住の20~30代既婚女性計824名を対象に、いまどきの家事事情についての調査を実施しました。

今回の調査により、20~30代の主婦の約3人に2人が家事にかける時間が足りないと考えていることがわかりました。時間が足りないと感じる要因には「育児」や「仕事」などが挙げられ、家事以外の活動を行いながら限られた時間の中で家事をこなさなければならない状況であることが伺えます。
さらに、9割以上が家族の評価を気にしており、時間の短縮のために家事の手を抜きたくないという意識も見られます。評価を気にしている主婦のうち3割は「おかずが少ない」「掃除機のかけ方が甘い」など家族からの不満の声を経験しています。
そんな中、デジタル機器や時短アイテムなどを活用し、短時間でも家族にも満足してもらえる質の高い家事を行う“スマカジ”を心がける主婦がいるようです。特に「料理」の分野では多くの“スマカジ”が取り入れられており、3割以上が時短レシピやお惣菜の素などを利用し効率化を図っていることが明らかになりました。その一方で、時間がない時に作りたくない料理としてハンバーグや揚げ物全般が選ばれるなど、手や調理場が汚れる料理は“スマカジ”主婦にとっても避けたいメニューであることが分かりました。

<主な調査結果>
▼ 約3人に2人が毎日の家事にかける時間がないと回答
  -家事時間が足りない2大理由は「育児」と「仕事」
▼ 忙しくても手は抜けない!意外に厳しく、そして気になる“家族からの評価”
  -実に9割以上が家事に対する家族からの評価を気にしていることが判明
  -3割以上が家族からの不満や文句をこれまでに経験!
▼ 時間がなくても質の高い家事をこなす3つの秘訣は「デジタル」「時短」「スキマ」
  -スマホやお掃除ロボット、ネットスーパーなどを活用した現代型主婦が出現!
▼ 効率化したい家事第1位の「料理」では多くの主婦が“スマカジ”を実践!
  -3割以上が、時短レシピやお惣菜の素などを使い料理の効率化を実践
  -時間がないときに作りたくない料理第1位は「ハンバーグ」!
   ハンバーグや餃子など「手が汚れる」料理は“スマカジ”主婦からも敬遠傾向に


<調査結果のポイント>
▼ 約3人に2人が毎日の家事にかける時間が足りないと回答
  -家事時間が足りない2大理由は「育児」と「仕事」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング