坂本龍一を始めとするアーティスト作品で繋がる被災地支援-kizunaworld.org、作曲家・池田亮司氏の楽曲を発表。

PR TIMES / 2012年1月11日 13時44分



坂本龍一を始めとするアーティスト作品で繋がる参加型の東日本大地震被災地支援プロジェクト「kizunaworld.org」(キズナワールド・ドット・オルグ)が、2012年1月11日、新たな作品として作曲家・池田亮司氏の楽曲を発表いたします。

kizunaworld.orgとは、坂本龍一と平野友康が発起人となり、個人の力でできる限りのことをするというコンセプトで、プロジェクトに国内・海外から賛同してくれるアーティストたちの作品を広く集めて提供し、被災地への支援を長期的に続けていくことを目的としています。

作品に対する寄付は1口1,000円から募り、集まった寄付金の全額(決済手数料を除く)は、被災地で「いま必要な支援」として《医療》・《こども》・《食料》・《住宅》・《エネルギー》の5つテーマを設け、状況に応じて支援団体を随時検討しながら寄付を行っています。2012年1月より第4期に入り、3月31日までに集まった寄付金は、該当の5つの団体に均等に寄付してまいります。

引き続き、皆様からの温かな支援をお待ちしております。


--------------------------------------------------------
■1月の作品紹介

kizunaworld project #16 「espoir」
Music by Ryoji Ikeda

About:池田亮司

作曲家/アーティスト。90年代半ばより音や光といった物理現象の性質に焦点を当てた作品を多数発表。音楽、時間、空間を数学的に捉えることによって、現象の物理的特性と人間の知覚や感覚との関係性を探求し続けている。
人間の感覚能力とテクノロジーの臨界点に挑み続ける洗練された作品やパフォーマンスの数々は、今や音楽だけでなく建築、映像、ダンスといった表現ジャンルを超えて幅広く大きな影響を与えている。
近年は、われわれの知覚する世界をサイン波やピクセルといった最小単位にまで突き詰められた『データ』を再構築した作品群によって、新たな美学的体験を作り出している。

--------------------------------------------------------
■寄付の概要
集まった寄付金の全額(決済手数料を除く)は、被災地で「いま必要な5つの支援」として、《医療》・《こども》・《食料》・《住宅》・《エネルギー》の5つのテーマを設け、代表的な団体への寄付を行なって参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング