アセンテック、世界100ヶ国において25,000社の導入実績を誇る情報セキュリティベンダー セーフネットとリセラー契約を締結

PR TIMES / 2012年10月11日 16時49分



~PKIベースUSB認証トークン等により仮想デスクトップのセキュリティをさらに強化~

アセンテック株式会社(旧社名:株式会社エム・ピー・テクノロジーズ 本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤 直浩、以下アセンテック)と日本セーフネット株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:酒匂潔、以下、SafeNet)は、PKIベースUSB認証トークンおよびワンタイムパスワード等の認証製品全般に関するリセラー契約を締結し、2012年10月11日より販売を開始することを発表します。なお、今回、アセンテックが取り扱いを開始するSafeNet製品は、eToken シリーズの認証製品です。

アセンテックは、「仮想デスクトップトータルソリューション」カンパニーとして、シトリックス・ソリューションやWyseソリューションといったグローバルで高い支持を得るソリューションを中心に、極めて高い成長を続ける仮想デスクトップ市場において幅広い製品を提供し続けています。アセンテックの提供している仮想デスクトップ製品ラインナップに、SafeNetの認証製品を加えることにより、元来非常に高いセキュリティ性を誇る仮想デスクトップソリューションがさらに万全のセキュリティ性を獲得することとなります。

SafeNetは認証および暗号化分野において世界市場をリードしています。SafeNetの認証製品は、オンラインバンキング、VPNアクセス、シンクライアント、PCのプリブート認証、電子カルテへのアクセス、クラウド/SaaS等の強固な認証が要求されるシステムで多数採用されています。また様々な認証方式に対応しており、PKIベースUSBトークン、ワンタイムパスワード、スマートフォン用のワンタイムパスワード、スマートカード等の認証デバイスをラインナップしています。暗号化の分野においてはPCのフルディスク暗号化、RAIDディスクも含むサーバの暗号化用ソフト、並びにオンライン暗号化装置に多数の実績があります。更に広域イーサネットワークのエンド間最大10Gbps通信の暗号化装置(HSE)により企業やキャンパス・ネットワークを保護します。

今回のリセラー契約に伴い、仮想デスクトップソリューションをすでに導入している、または、導入を検討している企業、とりわけ、極めて高いレベルでのセキュリティ性が要求される金融機関等に対し、両社は共同で積極的に販売展開を進める見込みです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング