国際識字デーイベント「世界が広がる、明日をつくる」

PR TIMES / 2013年8月27日 16時39分

外交関係を樹立して60周年の今年、カンボジアをテーマに識字を考える

シャンティ国際ボランティア会(会長 若林恭英/所在地 東京都新宿区/以下SVA)は、1981年より図書館活動を中心として教育・文化支援活動を行っています。

9月6日(金)の19時より株式会社内田洋行東京ユビキタス協創広場 CANVAS(東京都中央区)にて公益財団法人ユネスコ・アジア文化センターと公益社団法人日本ユネスコ協会連盟と共同で、国際識字デーのイベントを開催します。




■国際識字デーとは
1965年9月8日、イランのテヘランで開催された世界文相会議で、パーレビ国王が軍事費の一部を識字教育にまわすように提案したのを記念し、ユネスコが制定した記念日です。

■イベント概要
文字の読み書きのできない人(非識字者)は約7億7,500万人。世界人口 (15歳以上)の6分の1にあたり、内、約3分の2は女性です。

今年は、日本とカンボジアは今年外交関係樹立して60周年。その節目の国際識字デーにカンボジアのことや識字のことを考えませんか?識字の力でどう人生がどう変わるのか、どう変わったのかをお伝えします。カンボジアの「過去・今・未来」に関するクイズ大会も行います。正解者には豪華賞品を用意しています。

■詳細
・日時:2013 年9 月6 日 19:00 ~ 20:30
(開場 18:30)

・会場:東京 ユビキタス協創広場 CANVAS(株式会社内田洋行)東京都中央区新川2-4-7

・資料代:1,000 円 (3団体いずれかの会員、学生は500 円)
※その内500 円は各団体の識字事業に寄付させていただきます。

・主催:
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

・共催:株式会社内田洋行

▼お申込みはHP上の申込フォーム、電話、ファックスにてお受けしています
http://www.sva.or.jp/ 
*「イベント・報告会など」をご覧ください。

電話:03-6457-4586 
Fax:03-5360-1220 

シャンティ国際ボランティア会 鎌倉

■プログラムの内容
・国際識字デーの説明と識字の現状
・カンボジアの歴史
・子どもたちの読む絵本を出版しよう!(SVA広報課長 鎌倉幸子)
・識字と母子保健を統合した支援アプローチ-カンボジアにおけるSMILE Asia プロジェクト-(公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター 小荒井理恵)
・識字でどのように生活や人生が変わるのか
(公益社団法人日本ユネスコ協会連盟カンボジア事務所所長ノン・ブッタ)
・大クイズ大会

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング