ザイリンクス、OmniTek 社との協業による放送機器メーカー向けAll Programmable SoC時代のソリューション を IBC 2012 でお披露目

PR TIMES / 2012年9月13日 13時26分



ハードウェアとソフトウェアのプログラマビリティを提供する Zynq-7000 All Programmable SoC ベースのプラットフォームで短期間での市場投入、革新的な製品の開発および差別化を実現


ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は2012 年 9 月 6 日 (米国時間)、ザイリンクス アライアンス プログラムの認定メンバーである OmniTek 社と共に、リアルタイム性に優れた画期的なビデオ プロセッシング プラットフォームをアムステルダムで開催される IBC 2012 (スタンド #10.B25、ホール 10) で発表する。このプラットフォームを使用することで、放送機器 OEM はプログラマブル システムの統合を通じてより高いレベルのパフォーマンスを維持しながら、デザインの生産性を加速することができる。ARM(R) プロセッサ ベースの Zynq(TM)-7000 All Programmable SoC を搭載した、放送機器アプリケーション向けのこの新しい開発環境は、高性能かつ再プログラム可能なビデオ プロセッシング プラットフォームであり、放送機器 OEM はこのような特性を生かして独自のハードウェアおよびソフトウェア IP を統合し、絶えず進化を続ける規格に容易に対応可能な、他社製品とは異なる独自の放送機器を開発できる。

ザイリンクスのブロードキャストおよびコンシューマー セグメント マーケティング担当ディレクターのベン ランヤン (Ben Runyan) は、「変化し続ける規格への対応を迫られている世界中の放送事業者に対して価値ある製品を絶え間なく提供していくことは、機器メーカーにとってますます困難な課題となっています。ザイリンクスと OmniTek 社はこういった問題に Zynq-7000 SoC ベースのプラットフォームで対応していきます。当社の Zynq-7000 SoC ファミリ デバイスはハードウェアとソフトウェアのプログラマビリティを提供するため、このプラットフォームを利用するカスタマーは次世代のビデオ ソリューションを開発する上でこれまでにないさまざまな機能が与えられます」と述べる。

ザイリンクスの Zynq-7000 ファミリは、シングル ダイ上で プログラマブルロジックと密に結合されたARM デュアルコア Cortex(TM)-A9 MPCore(TM) プロセッシング システムを搭載した業界初の FPGA ベースの SoC である。この組み合わせはパフォーマンスを劇的に向上することができるため、プロセッシング重視のリアルタイム ビデオ アプリケーションを実現する。Zynq-7000 デバイスのハードウェア、ソフトウェアそしてI/Oまですべてプログラマブルな All Programmable という特質によって、OEM は市場投入時間の短縮や革新的な製品の開発に加えて、常に進化を続ける規格や仕様を満たすように製品を再プログラムすることが可能である。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング