BS-TBS サマーパーティー2012 5000人超の来場 大盛況で終了

PR TIMES / 2012年8月31日 10時58分



この度、8月18日(土)~24日(金)まで、東京・港区の赤坂BLITZにて開催してた、BS-TBSサマーパーティー
2012が、好評のうち終了した。

今回のこのイベントでは、コスプレイヤーが赤坂sacasを闊歩したり、赤坂BLITZの会場内では、ニコニコ動画で大ブレイク中のアーティストたちのコンサート、そして、モーニング娘。などによる、新たな挑戦など、様々なイベントが開催された。

中でも、モーニング娘。が出演した、舞台『ステーシーズ少女再殺歌劇』大感謝祭では、劇中で歌われた名曲を、舞台主演の田中れいなと原作の大槻ケンヂが、この日・この場限りとなるデュエットを披露したり、本来演じられた時と、違う役を演じてみるなど、舞台を観ることができなかった人にも、舞台の様子を思い浮かべることができる濃いないようであった。

また、モーニング娘。の9期・10期が出演した、『アイドル日本流』では、日本舞踊や歌舞伎から学ぶ、女性らしいしぐさや、客席も一緒になって、日本舞踊の基本の振り付けで、モーニング娘。の歌を歌って踊る、というにぎやかな演目も繰りひろげられた。
とりわけ、モーニング娘。の譜久村聖と飯久保春菜は、それぞれ、芸子と舞妓に、しかも、客席の前で変身して行くという、シーンもあり、美しさを増してゆく、彼女たちを生で見ることができたファンには、2度と忘れられない、最高の夏休みとなったはずである。

一連の公演の後半では、今、日に日に人気が増している若手俳優が、『リアルエチュード』に挑戦。
俳優それぞれが、自分たちの身の回りで起きた、「衝突」というテーマを話し、その「衝突」の際のエピソードを、本人が、台本など一切なしで演じるという、「リアル」を表現。

日々、違うものが行われる赤坂BLITZは連日の大盛況で、のべ5000人程の来場があった。

このイベントの総合プロデューサーである、丹羽多聞アンドリウは、来年も来場してくれた方々が、今年以上に楽しめるイベントを多数用意する、ということと、今回新たに挑戦したイベントをより洗練したものにするのはもちろん、来年も、新たなものにも、是非挑戦したい、と語っている。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング