ブルガリ銀座タワーが「銀座ディスプレイコンテスト2012」の「日本空間デザイン協会賞」と「銀座通連合会部門優秀賞」をW受賞!

PR TIMES / 2012年12月28日 17時59分



この度、ブルガリ銀座タワーのセルペンティファザードが、(社)日本空間デザイン協会専門家による全銀座を対象としたディスプレイコンテストにおいて日本空間デザイン協会賞(DSA賞)と銀座通連合会部門優秀賞の「時計・宝飾・眼鏡・カメラ部門」を受賞しました。同賞はそれぞれ、デザインの点で最優秀と認められた店舗(DSA賞)、頭書部門で最優秀と認められた店舗(銀座通連合会部門優秀賞)に贈られるものです。

同コンテストでは、エルメスジャポン、資生堂パーラー(東京銀座資生堂ビル)が上記両賞を受賞しました。


ブルガリのアイコンであるセルペンティ(イタリア語で蛇の意)がタワーに巻きつき光り輝く今回のイルミネーションは、世界に先駆けて銀座でお披露目され、その後ニューヨークなどの主要店舗で展開されています。

今回の入賞作品の写真は、「銀座ストリートガイド」(銀座8-13-1 銀座三井ビル1F 花椿通りx昭和通り角、10:00~18:00 水曜定休)内に2013年1月12日(土)から2月12日(火)16:00まで展示予定です。

また、ブルガリが加盟しているGILC(Ginza International Luxury Committee) 、全銀座会、銀座通連合会が主催する GINZA ILLUMINATION 2012 ヒカリミチも日本空間デザイン協会特別賞を受賞しています。

128年の歴史を持つイタリアンジュエラー、ブルガリの日本最大店舗 ブルガリ銀座タワーの5周年を記念して、12月30日(日)まで イタリア至高の輝き展を開催しています。ブルガリ銀座タワーの光り輝く「セルペンティ」のイルミネーションと共に、是非お楽しみください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング