業界初! 動くフォトブック「pimory (ピモリー)」

PR TIMES / 2014年4月22日 12時2分

~ 写真が動くと「きろく」は「きおく」になる ~

挨拶状印刷の専門サイト「挨拶状ドットコム」を運営する株式会社にっこう社(所在地:大阪市西区、代表取締役:徳丸博之)は、フォトブックにスマートフォン向け動画再生アプリを付加した新サービス「pimory (ピモリー)」を平成26年4月21日(月)より開始しました。iPhone(アイフォーン)専用アプリとなります。

<動くフォトブック「pimory」URL> http://www.pimory.com/



「pimory」は、写真に動画を埋め込むことができる全く新しいサービスです。フォトブック内の写真にスマートフォンをかざすことで、スマートフォン内臓カメラを通して映されるフォトブックの写真上に、登録した動画が再生されます。本サービスはAR技術(※1)を採用しており、フォトブックに印刷されている写真を認識し、写真枠内を再生範囲として、あたかも写真が動いているように見えます。登録できる動画はフォトブック1冊につき1点(39秒)で、3年間お預かりします。


利用にはフォトブック本体をお買い求めいただく必要があり、ご購入はiPhone(アイフォーン)専用アプリから行います。現在、フォトブックの購入・AR再生利用のアプリ共にiPhone(アイフォーン)のみですが、Android端末向けもリリースを予定しています。当社ではフォトブックに動画を付加することで、送り手にこれまで以上の感動が伝わり、「人のご縁・つながりが深まる」と考えています。赤ちゃん・お子様の成長・イベント・旅の思い出・ペットなど、ユーザーの利用シーンはさまざまです。


■ 写真が動くと、きろくはきおくになる

動画は3年間お預かりしますので、ユーザーはいつでも・いつまでも見たい時に閲覧することが可能です。写真だけでは時間と共に薄れてしまう記憶を後々に残すことができます。pimoryのフォトブックをつくれば、スマートフォンの中に眠っている記録でしかなかった多くの写真が、記憶に残る思い出に変わります。

※1 拡張現実(Augmented Reality)の略称。現実情報にコンピュータが作り出した情報を重ね合わせ補足的な情報を与える技術。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング