NTTコム リサーチ「世帯における通信回線の利用実態」に関する調査結果

PR TIMES / 2013年12月11日 12時21分

~通信費の削減意向を持っている世帯は75%。通信環境を保持したままコストダウンを志向~

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本 良江)が運営するインターネットアンケートサービス「NTTコム リサーチ」(旧 gooリサーチ)(※)は、登録モニターのうち、全国の3万世帯を対象に、「世帯における通信回線の利用実態」について大規模な調査を実施しました。
 調査の結果、通信費の削減意向は75%と高いものの、解約に比べて通信環境を保持したままコストを抑える方法がより多く志向されていることが分かりました。

調査結果詳細: http://research.nttcoms.com/database/data/001835/index.html



■調査概要
1. 調査対象: 「NTTコム リサーチ」登録モニター
2. 調査方法: 非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間: 平成25年11月21日(木)~平成25年11月26日(火)
4. 有効回答者数:29,630名
5. 回答者の属性:【性別】男性:56.1%、女性:43.3%
         【年代】10代:0.4%、20代:7.4%、30代:23.1%、
             40代:31.9%、50代:22.6%、60代以上:14.5%
※各世帯につき1名しか回答できない仕組みを利用。かつ、回収したサンプルに対し、平成22年国勢調査の世帯構成比を用いて補正。


■総括
 スマートフォンの普及やWiMAXなどのモバイルインターネットの高速化など、利用できる通信回線や選択できるデバイスの幅が広がりつつある中で、世帯においてどのような通信回線が利用されているのか、約3万世帯から回答を得ました。

 世帯における光ファイバーなどの固定インターネット回線の利用率は平均では93.5%となりましたが、単身世帯では85.4%と、平均に比べ8ポイントの差が出ました。

 また、スマートフォンを1台以上契約している世帯は61.5%となり、携帯電話を1台以上契約している世帯の72.8%に対し10ポイント差にまで迫っています。

 一方、固定電話(加入電話、IP電話、ひかり電話)を契約している世帯は86.0%であるのに対し単身世帯では60.5%で、単身世帯の約4割の世帯が固定電話を契約していないことがわかりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング