オリコン『ネット証券ランキング』総合第1位【GMOクリック証券】、新設した『NISA』部門第1位は【松井証券】

PR TIMES / 2014年12月4日 11時24分

■2015年度 オリコン顧客満足度ランキング『ネット証券』発表
『ネット証券』総合第1位【GMOクリック証券】

今年スタートの『NISA』部門新設 『NISA』部門第1位は【松井証券】



 オリコン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小池恒)では、「目に見えないサービスを可視化する」をコンセプトに、実際にサービスを利用したことがある人を対象に調査した「オリコン顧客満足度ランキング」( http://life.oricon.co.jp/ )を2006年より発表。今月、過去4年以内にインターネットを利用して証券取引をしたことのある17,575人を対象に調査した、2015年度『ネット証券』ランキング( http://life.oricon.co.jp/rank_certificate/ )を発表致しました。今年スタートの『NISA』部門のランキングも新設しておりますので、内容をご高覧の上、貴媒体にて本内容を是非ご紹介賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

===================================================

■(1)『ネット証券』総合第1位【GMOクリック証券】

 総合第1位は、満足度73.60点の【GMOクリック証券】。昨年の2位から総合第1位となった。【GMOクリック証券】の担当者は、「当社は、“もっと使いやすく、もっと安く”をモットーに、お客様にサービスをご提供させていただいております。手数料は業界最安水準で、株式の高機能取引ツールではフル板も無料でご利用可能です。そうした取り組みをご評価いただき嬉しく思います」とのコメントのとおり、『項目別ランキング』では、「ツールの使いやすさ、発注方法の充実」で1位、「手数料・取引コストの満足度」で2位を獲得。ユーザーの様々な利用シーンを想定した取引ツールを用意している同証券ならではの強みが、結果にも表れている。

 総合第2位は、満足度73.24点の【SBI証券】。国内株式、外国株式、投資信託、債券、FX、先物・オプション、ETF、カバードワラントなど豊富な商品を取り扱っているのが特長的な同証券は、5項目でベスト5入りをして総合第2位となった。総合第3位は、満足度72.95点の【松井証券】となった。


■(2)今年新設の『NISA』部門第1位は【松井証券】

 今年1月から始まった新制度「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」。金融庁が発表した6月末現在のNISA口座開設数は727万3,667口座。買付額は1兆5,631億円にものぼる。そのNISAの顧客満足度ランキングとして、『NISA』部門を新設。満足度74.13点の【松井証券】が、ネット証券『NISA』部門の第1位となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング