【台風18号 防災意識緊急アンケート調査】約9割「避難勧告」が発令されても避難行動はとらなかった

PR TIMES / 2013年9月17日 17時53分

◆避難勧告発令後も避難行動はとらなかった、91.9%が回答
◆理由としては、「どこに避難したらいいのか分からず」「そこまでひどいと思わなかったから」「大丈夫そうだったから」などが挙げられる。
◆自身の居住地エリアの避難場所が把握できていない、53%が回答




スマートフォンユーザーに特化したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:http://www.livigen.co.jp、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10~30代の一般男女500人を対象に、「台風18号への防災意識」についての調査を実施しました。


【調査結果要約】
◆避難勧告発令後も避難行動はとらなかった、91.9%が回答
◆理由としては、「どこに避難したらいいのか分からず」「そこまでひどいと思わ   
 なかったから」「大丈夫そうだったから」などが挙げられる。
◆自身の居住地エリアの避難場所が把握できていない、53%が回答


【調査結果詳細】
◆ 先日の台風18号の影響で、あなたが住んでいる地域で「避難準備情報」や「避難勧告」、「避難指示」は発令されたか質問したところ、「発令された」は16.4%となりました。「発令されなかった」は71.6%、「分からない」は12%となりました。


◆ 「発令された」と回答した人に対し、どのレベルまで発令されたか質問したところ、「避難準備情報」は43.9%、「避難勧告」は45.1%、「避難指示」は11%となりました。


◆ 「避難勧告が発令された」と回答した人に対し、その発令が出された後、実際に避難行動をとったかどうか質問したところ、「避難行動をとった」と回答したのは8.1%となりました。「避難行動はとらなかった」は91.9%となりました。


◆ 前述の質問で「避難行動はとらなかった」と回答した人に対して、その理由を尋ねたところ、以下の回答が挙げられました。

・「山側だから大丈夫だと思った」(20代女性)
・「どこに避難したらいいのか分からず」(10代男性)
・「大丈夫だろうと安易に予測した」(30代男性)
・「朝早かったので寝ていた」(30代女性)
・ 「マンションの2階に住んでいるので、大雨による冠水は心配ないと思ったから」(20代女性)
・「必要ないと思ったため」(30代男性)
・「特に危機感を感じなかったため」(10代男性)
・「仕事に行った」(20代女性)
・ 「被害がなかったし、周りも変わらず過ごしていた。避難勧告が出ても広   範囲だったため大丈夫だと判断したため」(30代女性)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング