<Reebok + FITNESS Festival supported by スポーツオーソリティ>約3,000人がマークイズ みなとみらいで旬のフィットネスを体感

PR TIMES / 2014年10月6日 10時30分

すみれ、須藤元気らと交流 横浜からもフィットネスの波を発信!

グローバルフィットネス ライフスタイルブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目9番10号)は、リーボックが提供・サポートする様々なフィットネスプログラムを無料で体験できるフィットネスの祭典「Reebok + FITNESS Festival(リーボック プラス フェスティバル) supported by スポーツオーソリティ」を、10月4日(土)、神奈川県横浜市の「マークイズ みなとみらい」で開催しました。会場には約3,000人の来場者が集まり、リーボック ブランドアンバサダーのすみれさん、須藤元気さんやゲストの樫木裕実さんらとともにフィットネスを楽しみました。



 マークイズ みなとみらいにはショッピングなどを楽しむ家族連れなどが多く訪れ、1Fガレリアでのステージプログラムが始まると、たくさんの人が足を止め、ゲストといっしょにフィットネスを楽しむ様子が見られました。

 午前中におこなわれたリーボック ブランドアンバサダーで格闘家・アーティストの須藤元気さんのステージでは、格闘技の動きを採り入れたプログラムなどを来場者といっしょに体験しました。ステージから下りて参加者と直接触れ合った須藤さんは、「見た目よりも結構キツいが楽しかった。インストラクターさんが盛り上げるのが上手。自分も指導者として刺激になった」と語りました。

 また、スペシャルゲストとして登場し、「カーヴィメソッド」のエクササイズで会場を盛り上げたボディメイクトレーナーの樫木裕実さんは、自身とリーボックのコラボアイテムが今年12月に発売されることを発表。「私にとってフィットネスウェアは普段着。ウェアがいまいちだとテンションが上がらず、ボディメイクもうまくいかない。リーボックとは楽しいことをいっぱい企画している。今回のコラボウェアは、動きやすくてかわいいものにしようと、肩ひもや腰ひもなどの細部にもこだわった。楽しみにしていてほしい」と、来場者に呼びかけました。
そのほかステージには、リーボック ブランドアンバサダーで女優・歌手のすみれさん、またゲストとしてタレントのスザンヌさん、さらにリーボック マスタートレーナーのニコラス・ペタスさんらが次々と登場し、ステージに集まった参加者は、思い思いにフィットネスプログラムやトークを楽しみ、最後は記念撮影まで行い、充実した様子でした。

 当初の予想をこえる来場者が集まったことから、横浜という地域におけるフィットネスへの関心の高さがうかがえます。健康的でポジティブなライフスタイルをサポートするリーボックは、今後さまざまなフィットネスの機会を通じて、横浜からも最新のフィットネスカルチャーを発信していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング