第6回 Telematics Japan 2014 開催

PR TIMES / 2014年8月7日 9時15分

自動車、通信とIT企業のディシジョンメーカー250名以上が参加予定

Telematics Update Japan(本社:英国・ロンドン)はコネクティッド・カー、自動車テレマティクスに特化したアジア最大級のカンファレンス「第6回Telematics Japan 2014」を10月15日(水)~16日(木)の会期にてヒルトン東京(新宿)で開催致します。本年は、最新のプラットフォーム戦略やデータ・セキュリティ管理、インフォテイメントの進化、グローバル化へのアプローチなど注目課題を議論します。250名以上のテレマティクス、ITS、EV、ADAS関連トップエグゼクティブ参加を予定しておりますので、ネットワーキングにも最適な機会となっております。



第6回Telematics Japan 2014 」開催概要
日時:2014年10月15日(水)~15日(木)
会場:ヒルトン東京(新宿)
参加料:有料  参加予定人数:250名以上  主催: Telematics Update Japan
イベントサイト:
http://www.telematicsupdate.com/japan/jp-index.php

【取り上げる主な内容】
◎ 車載OS・プラットフォーム戦略と最適なユーザー・インターフェース
◎ グローバル市場を見据えたアプローチ
◎ 新興市場への戦略 (中国、東南アジア、インド他)
◎ 車両・位置・地図・運転者データの活用とセキュリティ
◎ インフォテインメント、コンテンツ、アプリの進化
◎ 電気自動車(EV)テレマティクスの発展
◎ テレマティクスがつなぐADASとV2X、そして自動運転

【主な講演者の一例】
30名以上の国内外のテレマティクス業界のエキスパートが登壇いたします。
◎ 山本 浩二氏 日産自動車株式会社 車両IT&自動運転事業本部 本部長
◎ 横山 利夫氏 本田技術研究所 第12技術開発室 上席研究員
◎ Johan Sanneblad氏 Volvo Car Group, Head of Content Acquisition
◎ Mike Tinskey氏 Ford Motor Company, Global Director, Vehicle Electrification & Infrastructure
◎ ハルトムート・シェーファー氏 メルセデス・ベンツ日本株式会社 メルセデス・ベンツ R&D 川崎 シニア・エクスパート 工学博士
◎ 野辺 継男氏 インテル株式会社 戦略企画室 オートモーティブ・ユニット チーフ・アドバンストサービス・アーキテクト(兼)ダイレクター 名古屋大学 客員准教授
◎ 星 明彦氏 国土交通省 自動車局 安全政策課 事故防止対策推進官
◎ 赤堀 洋氏 ソフトバンク テレコム株式会社 新規事業営業本部 本部長 他多数

【Telematics Japan 2014の主な特徴】
◎ 最前線で活躍するキーパーソンへ独自リサーチを実施:自動車メーカー、Tier 1サプライヤー、通信事業者、IT企業、デバイスメーカー、ソフトウェア・アプリ開発企業などへ独自にリサーチを実施。ディシジョンメーカーが今、最も必要とする情報が詰まっているため、世界のキーパーソンが集まります。
◎ 欧米や日本以外のアジア圏からもディシジョンメーカーが多数:欧米や中国など日本以外の市場で先進的なサービス展開をする企業から講演者を招いています。参加者もグローバル市場でさらなる事業展開を担う企業リーダーが中心です。
◎ ネットワークの機会が多くビジネスチャンスに直結:ディシジョンメーカー250人以上が交流しやすい規模・環境で集まるソリッドなカンファレンス。何万人規模で参加者が集う展示会などと比べて格段に、ビジネス機会に繋がりやすい点が、全世界で弊社カンファレンスが支持されている理由です 。

■ Telematics Update Japanについて
Telematics Update Japan は、激変するテレマティクス市場にて、自動車OEM、IT企業、通信企業が最新の情報や有益な事例を共有するプラットフォームをレポートやカンファレンスを媒体として提供しております。

■ 本件に関するお問い合わせ先
ダニエル・ペイビー(Daniel Pavey)
メール: dpavey@telematicsupdate.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング