“お仏壇のはせがわ”長谷川裕一氏が登場 次代を創る情熱リーダーのための電子雑誌 「SUPER CEO(スーパー シーイーオー)」vol.11を公開

PR TIMES / 2014年12月10日 11時10分

電子雑誌を展開する株式会社ブランジスタ(株式会社ネクシィーズグループ東証一部上場:4346、代表取締役社長 岩本恵了)は、12月10日に、次代を創る情熱リーダーのための電子雑誌「SUPER CEO(スーパー シーイーオー)」12月号(vol.11)を公開しました。



<SUPER CEO>

http://superceo.jp/


仏壇販売業で日本初のチェーン展開を成功させ、日本一の売り上げを達成、1988年には業界初の株式上場も果たした、株式会社はせがわの長谷川裕一氏が登場。長谷川氏を突き動かしたものは何か? その原動力に迫ります。また、ビジネスを誕生させる発想に迫る「“ヒラメキ”から“突破”への方程式」には、独自性のある飲食店を出店し、街全体を活性化させる仕掛け人でもある、株式会社バルニバービの佐藤裕久氏が登場。その他、インテリアショップ『Francfranc』などを展開する株式会社バルス・高島郁夫氏の、エクストリームな趣味「アイアンマンレース」を紹介。ビジネスに通じるヒントが満載です。


■マンガで見る「スーパーCEO列伝」

http://superceo.jp/book/vol11/#!3

株式会社はせがわ 相談役 長谷川裕一氏


「お手々のしわとしわを合わせて、しあわせ」のフレーズでおなじみの株式会社はせがわ。仏壇販売業で日本初のチェーン展開を成功させ、株式上場も果たした長谷川裕一氏。その原動力となったのは「日本一の仏壇屋になる」というシンプルな目標だ。しかし、その言葉の裏には、“人と人との出会いに感謝し、心の交流を生み出せる価値を提供すること”という、人の心を揺さぶり、岩をも通す一念が込められていました。その真意を紐解きます。


■社長の“超”私的エクストリームな瞬間

http://superceo.jp/book/vol11/#!7

株式会社バルス 代表取締役社長 高島郁夫氏


ファッション性が高く、心地よいインテリアを提供する『Francfranc』などを展開する株式会社バルスの高島社長。56歳にして初参戦したのは、トライアスロンレースをさらに過酷にした競技「アイアンマンレース」。スイム3.8km、バイク180km、最後に42.195kmのフルマラソンを走破するという過酷を極める競技に、高島社長を駆り立てたものとは? 経営にも通じる確固たる哲学が垣間見られます。


■刺激空間から革新が生まれる

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング