香水を深く知り自分だけの香りを楽しむイベントが期間限定でうめだ阪急に登場!      香りで魅了する”ギャラリー・ド・パルファン”

PR TIMES / 2015年8月28日 17時35分

8月30日(日)~9月7日(月) 阪急うめだ本店 9階 祝祭広場
最近日本では従来の消臭の意識から、自分を表現するものとして香水を楽しむ方が増えています。昔、欧州では家々の家紋のようにそれぞれの香りを持っていました。アーティスト(調香師)による香りの調合からネーミング、ボトルまで嗅覚と視覚で楽しめるアート作品としての香水ともいえます。今年6月に1階フレグランス売場ではメゾンフレグランスと呼ばれる「独自の工房を持つブランド」を中心とした品揃えを充実させ変更し売上も好調。今回のイベントでは、秋のファッションテーマ“ゴージャス”を香りで表現。上質な香水(パフューム)を集め、14のメゾンから約300種類が登場し、選び方、楽しみ方を知ることができるイベントを開催。これまでにない規模でご紹介します。



[画像1: http://prtimes.jp/i/14431/16/resize/d14431-16-525107-5.jpg ]



■ 革新的な創造を続ける、歴史ある香水専門店「ゲラン パルフュムリ」が日本初登場
1828年フレグランスメゾンとしてパリに誕生。5代に渡る調香師が伝統を守り現在に至ります。フレグランス講座では普段はあかされることはない香りのアトリエを再現(要予約)したイベントや、音声ガイド付きで約180年の歴史あるフレグランスの数々をミュージアムのようにご覧いただきます。
○自分の香りを見つけるきっかけになるイベントも
・「ゲラン」フレグランス特別講座“アトリエ ドゥパルファン”9月4日(金)午後2時~、
5日(土)午後2時~・5時~、6日(日)午後2時~(各回120分、有料、要予約)


[画像2: http://prtimes.jp/i/14431/16/resize/d14431-16-460295-3.jpg ]



■天然香料から生まれた価値あるもの、ストーリーなどこだわりを
[画像3: http://prtimes.jp/i/14431/16/resize/d14431-16-550975-4.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/14431/16/resize/d14431-16-114885-2.jpg ]

[画像5: http://prtimes.jp/i/14431/16/resize/d14431-16-254316-1.jpg ]



■アールデコ時代の「ラリック」の香水瓶が登場!
1908年頃から様々なメゾンの香水瓶を作り出した「ラリック」。
目に見えない香りの魅力やイメージを表現した美しい香水瓶の数々を集め展示販売。

[画像6: http://prtimes.jp/i/14431/16/resize/d14431-16-501142-0.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング