カレンダーシェアアプリ「TimeTree」 1,000万登録ユーザー突破

PR TIMES / 2018年7月9日 12時1分

株式会社JUBILEE WORKS(本社:東京都新宿区、代表取締役:深川 泰斗)が運営するスマートフォン向けカレンダーシェアアプリ「TimeTree(タイムツリー)」は2018年7月7日、1,000万登録ユーザーを突破しました。2018年3月末に800万登録ユーザーを発表してからおよそ3ヶ月での到達となります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/17462/16/resize/d17462-16-233390-2.jpg ]


■カレンダーシェアアプリ「TimeTree」について

TimeTreeは2015年3月24日より提供している、iOS/Android、Web対応のカレンダーアプリです。利用ユーザーの多くはTimeTreeを家族・恋人・友人などのグループで共有し、 日々の予定について相談・計画する場として利用されています。


■今後の展開

カレンダーという特性を活かし未来の予定内容にターゲティングできる広告「TimeTreeAds※」を推進してまいります。
さらに、ユーザーのみなさまの予定情報の発見・追加・共有をもっと簡単で便利にすべく、イベント情報をカレンダー形式で発信できる「公開カレンダー機能」や、ウェブサイトなどに予定追加ボタンを設置できる「TimeTree Plugin」などの機能を提供してまいります。

※ 関連プレスリリース:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000017462.html

■TimeTreeの特徴
[画像2: https://prtimes.jp/i/17462/16/resize/d17462-16-151900-1.jpg ]


■TimeTree詳細(一部抜粋)
[画像3: https://prtimes.jp/i/17462/16/resize/d17462-16-928619-0.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング