アロマ生チョコ専門店「ca ca o」の生チョコレートがG20大阪サミット2019で大統領の機内手土産に選ばれました

PR TIMES / 2019年7月2日 10時0分

株式会社ジャーニーカンパニー(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役:石原紳伍、以下ジャーニーカンパニー)が製造・販売する「アロマ生チョコ」4種(MUSCAT、TEA、YUZU、雪男)が、2019年6月29日、30日に開催されたG20大阪サミット2019に参加した各国大統領の機内手土産に選ばれました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/26789/16/resize/d26789-16-714577-4.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/26789/16/resize/d26789-16-898932-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/26789/16/resize/d26789-16-659448-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/26789/16/resize/d26789-16-949000-3.jpg ]

今回、各国大統領への機内手土産として選ばれたのは、「アロマ生チョコ MUSCAT」(2,376円)、「アロマ生チョコ TEA」(2,160円)、「アロマ生チョコ YUZU」(2,160円)、「アロマ生チョコ 雪男」(2,376円)です。そのうち3種は、イギリスで開催されるチョコレー ト品評会「アカデミーオブチョコレート」にて、金賞、銀賞を受賞しました。

2018年金賞「アロマ生チョコ 雪男」
2019年金賞「アロマ生チョコ MUSCAT」
2019年銀賞「アロマ生チョコ TEA」

日本人の唾液量に合わせた水分量15%以上の生チョコ
「ca ca o」のアロマ生チョコは全て、華やかな香りが特徴の、コロンビア産フィノデアロマカカオを100%使用しています。合わせる素材ごとに、最適なチョコレートを厳選し、製造工程における温度管理を徹底することで、通常よりも遥かに高い、チョコレートの水分量15%以上を実現しました。それにより、欧米人と比べ、唾液量の少ない日本人でも、口の中に入れた瞬間にとろける、みずみずしい食感をお楽しみいただけます。

自社農園を保有し、栽培から加工までをコロンビアで行う
ジャーニーカンパニーでは、コロンビアに広大な自社農園を保有し、カカオの栽培からチョコレートの加工までを現地で行っています。最適なタイミングで発酵、ローストすることで、カカオ本来の香りや味わいを感じられるチョコレートを提供する事ができます。また、カカオのポッド(実)は雑貨などに、胚芽部分や果実部分、殻は食材として利用するなど、カカオを無駄なく活用しています。

【販売店舗】
・CHOCOLATE BANK
神奈川県鎌倉市御成町11-8 tel:0467-50-0192
・ca ca o 鎌倉本店
神奈川県鎌倉市小町2-9-7 tel:0467-61-3307
・ca ca o ルミネ新宿店
東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿 LUMINE1 B2F ルミチカ FOOD DEPOT 内 tel:03-6304-5278
・ca ca o 大船ルミネウィング店
鎌倉市大船1-4-1 大船ルミネウィング3階「スイーツ小町」 tel:0467-84-8220
・ca ca o オンラインショップ
https://shop.ca-ca-o.com

【株式会社ジャーニーカンパニー】
株式会社ジャーニーカンパニーは、カカオを通した、新たな文化創造を目指し、日本人の舌に合うアロマ生チョコ専門店「ca ca o」、カカオの新しい楽しみ方を提案する、銀行跡地のカカオ専門店「CHOCOLATE BANK」、カカオのコスメとスーパーフードブランド「CACAO 365」を展開しています。
https://www.ca-ca-o.com/index.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング