九年の歳月をかけて完結!1回限りの貴重な公演音源を独占発売 三田村雅子解説、幸田弘子朗読『源氏語り五十四帖』

PR TIMES / 2018年9月22日 11時1分

9月より「audiobook.jp」での配信とCD-Rでの販売を開始

オーディオブックの制作・配信をする株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)は、音楽・映像の制作やライセンス事業などを行う株式会社ジェー・ピー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中西 聡)と共同で、「彩の国さいたま芸術劇場」が9年をかけて行った公演「源氏語り五十四帖」の記録音源を、オンラインの配信サービスとCD-Rにて販売を開始いたします。なお、配信開始日は2018年9月12日、CD-Rの販売開始日は9月26日となります。当代随一の舞台朗読家・国文学者を迎え、「源氏物語」の全五十四帖を年6回、9年にわたって上演し、全国から観客を動員した1回限りの貴重な公演音声をお聞きいただけるのは、株式会社オトバンクの配信と株式会社ジェー・ピーのCD-Rだけです。



[画像1: https://prtimes.jp/i/34798/16/resize/d34798-16-604478-0.png ]


「源氏語り五十四帖」は、「彩の国さいたま芸術劇場」が文化庁芸術拠点形成事業として平成13年より9年がかりで、五十四帖全作品をとりあげて好評を博した公演の貴重な記録です。

難解な古典文学をわかりやすく、身近な出来事のように読み解く三田村雅子先生の解説。そして紫式部の名文を表情豊かに<生きた古典のことば>で伝える幸田弘子さんの朗読。平安時代のロマン溢れる『源氏物語』の世界が、現代にいきいきと蘇る作品となっております。

今回、この公演の記録を株式会社ジェー・ピーにて音源化し、株式会社オトバンクが運営するオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」での配信と、株式会社ジェー・ピーでのCD-R販売の2つの方法でお届けいたします。また、各回の特典として、毎回、公演時に配布されたオリジナルテキストを進呈いたします。

公演会期中に劇場に足を運ぶことができなかった「源氏」愛好者の皆さま、そして「源氏物語」を一流の舞台朗読と国文学者による解説とともに楽しみたいというすべての方に、ご自宅でお好きな形でお楽しみいただける作品です。

なお本公演の音声は株式会社オトバンクの運営するプラットフォーム「audiobook.jp」および株式会社ジェー・ピーでのCD-R販売のみの独占発売となります。源氏物語の魅力を伝える各回1回限りの大変貴重な公演音声をぜひお聞きください。

◆解説:三田村 雅子(国文学者・フェリス女学院大学名誉教授)

[画像2: https://prtimes.jp/i/34798/16/resize/d34798-16-752408-4.png ]

解説:早稲田大学卒業。フェリス女学院大学教授、上智大学教授を経て、現在フェリス女学院大学名誉教授。専攻は物語文学、日記文学。NHK教育テレビ『古典への招待』で、長年にわたり講師をつとめ人気を博す。著書:『枕草子 表現の論理』『源氏物語感覚の論理』(有精堂)、『源氏物語 物語空間を読む』(ちくま新書)、『源氏物語絵巻の謎を読み解く』(三谷邦明との共著・角川選書)、『源氏物語を読み解く』(秋山虔との共著・小学館)。1996年より2005年まで、河添房江・松井健児と共に雑誌『源氏研究』(翰林書房)を刊行。『天皇になれなかった皇子のものがたり』(新潮社・とんぼの本)、『記憶の中の源氏物語』(新潮社)。

◆朗読:幸田 弘子(女優・舞台朗読家)

[画像3: https://prtimes.jp/i/34798/16/resize/d34798-16-429577-5.png ]

NHK東京放送劇団に入り、放送・舞台で活躍。主演した三善晃作曲、音楽詩劇「オンディーヌ」で文部大臣賞、イタリア賞受賞。舞台で古典から現代文学作品までの朗読を続け、1977年から毎年「幸田弘子の会」を開催、樋口一葉作品の連続朗読を始め注目される。舞台朗読という新しい分野を確立した功績に対し、1981年、82年、84年と続けて芸術祭優秀賞を受賞。さらに84年度芸術選奨文部大臣賞、95年毎日芸術賞、96年紫綬褒章など数々の賞に輝き、この公演中にも藤村記念歴程賞、旭日小綬章を受章。日経新聞で聞きたい朗読の一位に選ばれている。著書『朗読の楽しみ』(光文社)
Photo(C)浅野いずみ

◆彩の国さいたま芸術劇場からのコメント
「源氏語り五十四帖」は、優れた舞台芸術を埼玉から世界へ発信「創造する劇場」を目指す当財団の初代理事長諸井誠氏のもと、蜷川幸雄演出のシェイクスピアシリーズなどと共にロングスパンで行う企画として誕生いたしました。国文学者の三田村雅子先生、舞台朗読の第一人者幸田弘子さんを迎え、平成十三年より九年にわたり年六回ずつ、源氏物語五十四帖すべてをわかりやすく解説し、美しい原文で朗読する公演が始まったのです。そして、公演に魅了された制作会社ジェー・ピー様より「あの感動を多くの方に届けたい」と申し出があり、「源氏語り五十四帖」が新たな音の作品として蘇ることになりました。皆さまにお楽しみいただければ幸いです。

【「源氏語り五十四帖」商品情報】
[画像4: https://prtimes.jp/i/34798/16/resize/d34798-16-836136-6.png ]

配信開始日:2018年9月12日
価格:各回1,500円(税抜)
配信時間:各回約90分
朗読:三田村雅子(解説)、幸田弘子(朗読)
音源制作元:株式会社ジェー・ピー
配信元:オーディオブック配信サービスaudiobook.jp
 ※株式会社ジェー・ピーにてCD-Rも販売を実施
特設サイトURL: https://pages.audiobook.jp/special/genji/index.html
 ※こちらのサイトでは、パソコンやスマートフォンで音声をお楽しみいただけます。

◆配信・CD-R販売開始予定
audiobook.jpでの配信は隔週水曜となります。
CD-Rの販売は配信に合わせて、2回分(計4枚)のCD-Rセットを、毎月、最終配信日に合わせて発売します。
[画像5: https://prtimes.jp/i/34798/16/resize/d34798-16-449338-7.png ]


◆CD-Rでのご購入について
「源氏語り五十四帖」の音声はCD-Rでもご購入いただけます。
CD-Rでのご購入は、1セット2公演(CD-R4枚)3,500円(税抜)+送料+代引き手数料 がかかります。
尚、定期購入のお申込みの場合は、代引き手数料無料とさせていただきます。CD-Rでのご購入については、株式会社ジェー・ピーにて実施しますので、お電話にてお問い合わせください。

【CD-R販売に関するお問い合わせ】0120-366-004(フリーダイヤル)
受付時間:午前10時~午後5時(月~金) ※年末年始を除く

◆今後の展開
貴重な公演・講演音声はデジタルコンテンツにすることで、その場で作品を楽しむ機会を得られなかったユーザーやスマートフォンなどの新たなメディアに親しんだユーザーにも広く届けることができます。オトバンクは今後も様々なジャンルの音声とユーザーとをつなげるプラットフォームとしての機能を拡充してまいります。

■オーディオブックとは

[画像6: https://prtimes.jp/i/34798/16/resize/d34798-16-440351-10.jpg ]

オーディオブックとは、ナレーターや声優が本を朗読した「聴く本」です。耳だけで読書を楽しめるため、文字を読むのが難しい方のほか、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中など生活のあらゆるシーンで「ながら読書」を楽しめます。

■audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)


[画像7: https://prtimes.jp/i/34798/16/resize/d34798-16-588363-9.jpg ]

株式会社オトバンクが運営する、日本最大のオーディオブック配信サービスです。2007年より配信を開始した「FeBe」からリニューアルし、2018年3月よりサービスを開始。現在約 25,000 本のコンテンツを配信し、オーディオブックのカテゴリー普及に向けてプラットフォームの拡大を目指します。
URL: https://audiobook.jp/

■株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)

[画像8: https://prtimes.jp/i/34798/16/resize/d34798-16-851296-8.png ]

音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指している、日本最大の配信数を誇るオーディオブックカンパニーです。500社以上の出版社様と提携し、主な事業として、日本最大のオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」( http://sinkan.jp/ )を中心とした書籍のプロモーション事業も行っています。
URL: http://www.otobank.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング