1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界初!耳の中に3つ目のマイクを配置した補聴器 リサウンド・ワン マリー(TM)の5クラス発売

PR TIMES / 2021年9月1日 12時15分



[画像1: https://prtimes.jp/i/45184/16/resize/d45184-16-e87b408a2df7279c3d44-0.jpg ]

オーガニックヒアリング
あなたに本来のきこえを
 
 世界トップクラスのシェアをもつデンマークの補聴器メーカー日本法人GNヒアリングジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:ベルント・ウェーバー)はオーガニックヒアリング(耳本来の自然に近いきこえ)で好評の「リサウンド・ワン マリー」に、よりお求めやすい価格帯である5クラス追加し、2021年9月1日より発売いたします。

M&RIEレシーバが叶えるオーガニックヒアリング

[画像2: https://prtimes.jp/i/45184/16/resize/d45184-16-0cc9c28177bfac293de0-3.jpg ]

 リサウンド・ワン マリーは世界初となる外耳道内に3つ目のマイクを配置した耳かけ型補聴器です。マリーという名称は英語のM&RIE(Microphone & Receiver-in-Ear)からきており、この3つ目のマイクを配置したレシーバを意味しています。RIE補聴器と耳あな型補聴器双方の利点を組み合わせることで、耳本来が持つ集音機能を最大限に活かし、補聴器をしていながらまるで自分の耳で聞いているかのような自然なきこえ=オーガニックヒアリングをお届けします。
 人の耳は周波数特性、方向感、空間認識の3つが個々に異なります。これは人間の耳に入る音は耳介や頭、胴体によって周波数特性が形成され、その音が脳に伝わることで周囲の音環境、音の奥行き感や方向感を認識するという仕組みから起こります。そのため、この周波数特性は指紋と同じように一人ひとり固有なものであり、世界に1つしかないきこえを形成しています。そのため、従来型の補聴器本体にある2つのマイクによる集音方法では音に違和感を持つ方や、音質が気に入らないという方がいらっしゃいました。
 リサウンド・ワン マリーは、補聴器本体にある2つのマイクに加えて、3つ目のマイクがレシーバに配置されています。この3つ目のマイクが耳介を経由して入ってくる音を収集し、その人固有のきこえを再現します。その上、リサウンド・ワン マリー9および7に搭載の「オールアクセス指向性」なら、静かな環境下ではこの3つ目のマイクが収集した自然な音をお届けし、一方、騒がしい環境下では本体にある2つのマイクも用いて最適な指向性ポーラーパターンを選択することによりSN比を向上させます。
 この技術により、まるで自分の耳で聞いたかのような自然なきこえ=オーガニックヒアリングを実現するとともに、騒音下での聞き取り向上も達成しているのです。


オーガニックヒアリングの3つの利点
1. あなただけの音体験
  耳本来の集音機能を最大限に活かすので、まるで自分の耳で聞いたかのような音を体験可能に
2. 横?後ろ?方向感と距離感
自分の耳の形状を利用して音を集めるので、ヒトが本来感じる音の方向や距離感といった周りの空間を実感
  しやすくなります
3.雑音に悩まされず外出も快適
  マイクを耳の中に置くので、風切り音を気にすることなく会話や、野外での活動、サイクリングなどを楽しむ
ことができます

現場からの喜びの声
 GNヒアリングのチーフ・オーディオロジー・オフィサーであるローレル・クリステンセンは「様々な便利機能を補聴器に搭載する傾向がありますが、それでも補聴器の主要な機能はきこえの改善でなければなりません。補聴器の第一の機能は装用者に優れたきこえを提供することであるべきだと考えています。」と語ります。補聴器の第一目的である「きこえの改善」を追求し続けてきた当社が企画開始から実に10年を費やし、遂にたどり着いたこの製品の技術にこれまで多方面から高い評価をいただいております。
 これらの声を裏付けるように、各々の実験では有効なデータが示されています。90%の装用者が、2マイクの既存型補聴器よりもリサウンド・ワン マリーの音を好みました。また、 従来の2マイクRIEに比べて前後の音に対する正答率が10%向上しました。 M&RIEレシーバによる自然な方法で、補聴器の利得を落とすことなく、15dBの風切り音抑制を実現しました。そして95%の被験者が、電話の受話器を耳に当てて快適に通話できると報告しています。

 ローレル・クリステンセンは、GNが更に取り組んだ点を強調しています。「GNヒアリングでは、ユーザーのニーズを捉え、それに応える質の高い聴覚ケアを提供することを重視しています。昨年、私たちは世界的なロックダウンによって難聴者が抱えることになった困難を認識し、リサウンド・アシスト遠隔サポート ライブを導入しました。このプロジェクトでは、社内チームに革新的な発想と迅速な対応を求め、ユーザーや顧客にとって困難な時期にサポートを提供するように対応しました。」その結果、装用者は自宅に居ながらにして、カウンセリングや補聴器の調整サービスを受けることができるようになりました。

リサウンド・アシスト遠隔サポート対応
 リサウンド・ワン マリーは、装用者が自宅に居ながらにしてより良いきこえを得るために必要なサポートをご提供できます。コロナ禍で外出を控えたい方にも以下遠隔サービスの提供が可能です。


  1.聴力テスト 2.テレビ電話を使った対面カウンセリング 3.遠隔での補聴器調整


リサウンド・ワン マリー5 製品概要
2021年9月1日発売
● 外耳道内レシーバ耳かけ型3種
  充電式、電池交換式61タイプ(PR41)と62タイプ(PR48 )
● 対応聴力:軽度~中等度
● 全9色 *リサウンドレッドは充電式のみ
● メーカー希望小売価格 *充電器33,000(税込)含む *補聴器は非課税


[画像3: https://prtimes.jp/i/45184/16/resize/d45184-16-9500efeae632556ece5e-4.png ]



詳細については弊社HPを参照ください。 URL: https://resoundjp.com/

GNヒアリングについて
GNヒアリングは1869年設立のデンマークに本社を置く医療及び通信機器のメーカーで、GNグループの補聴器部門です。日本においてリサウンドブランドの補聴器を輸入、製造、卸販売、そして修理サービスまでを行っております。Jabraを擁するヘッドセット部門とともに、GNグループは聴覚学、音声、ワイヤレスの分野で世界をリードするオーディオソリューション企業です。音ときこえのスペシャリストとして、音の力を通じて「人々の生活をより豊かに」それが私たちの使命です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング