アセンテック PCoIP対応Wyse新製品「Wyse P25/P45」を国内販売開始

PR TIMES / 2012年11月1日 15時41分



VMware View専用ゼロクライアントの最先端モデルついに発表
アセンテック PCoIP対応Wyse新製品「Wyse P25/P45」を国内販売開始

アセンテック株式会社(旧社名:株式会社エム・ピー・テクノロジーズ 本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤 直浩、以下アセンテック)は、シンクライアントのグローバルリーダーであるワイズテクノロジー社の新製品2機種について、本日より国内販売開始することを発表します。本製品はVMware View専用ゼロクライアントの最新モデルとなります。
なお、本製品(Wyse P25)は、11月6日から7日までザ・プリンスパークタワー東京で開催されるヴイエムウェア株式会社主催「vForum2012」のアセンテックブースに展示される予定です。

・VMware View専用 新“ゼロクライアント”
デュアルディスプレイ対応Wyse P25 ならびにクアッドディスプレイ対応Wyse P45 は、VMware View専用のPCoIP 対応ゼロクライアント端末です。Teradici社の最新Teradici 2321 PCoIP プロセッサを内蔵し、CAD、3Dモデル、ビデオ編集といった先進的な業務用アプリケーションに最適化された、優れたグラフィック処理機能を搭載しています。

【新製品Wyse P25およびP45の特長】
・Teradici社の最新Teradici 2321 PCoIP プロセッサを内蔵し、CAD、3Dモデル、ビデオ編集といった先進的な業務用アプリケーションに最適化された、優れたグラフィック処理機能を搭載
・フル稼働時でも8 ワット以下(P25)、15 ワット以下(P45)の省電力設計
・P25 は最大2台、P45は最大4台のディスプレイをサポート、HD オーディオ対応で豊かなユーザエクスペリエンスを提供
・API やアプリケーションのポートを公開しないファームウエアで強固なセキュリティを実現
・Wyse Device Manager による、統合管理(Wyse ThinOS, Linux, Windows Embedded, ラップトップ型、デスクトップ型の全てのシンクライアント/ゼロクライアントに対応)が可能。多様化する企業内エンドポイントデバイスを、P25/P45も含め一元管理を実現。

【出荷時期と価格について】
P25/45 共に販売開始は2012 年11 月2 日、販売価格はオープン価格となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング