京都東急ホテル~夏の名残を洛中伝承の日本酒で愛でる~「佐々木酒造 日本酒賞味会」開催

PR TIMES / 2012年7月20日 18時9分



 京都東急ホテル(京都市下京区、総支配人 福島節雄)では、2012年10月15日に開業30周年を迎えます。これを記念し「佐々木酒造」当主 佐々木晃氏をゲストにこの度、「日本酒賞味会」を開催いたします。知って更に美味しくなる日本酒についてのお話と、蔵元厳選の美味しいお酒をゆったりとご堪能ください。

佐々木酒造は明治26年、初代佐々木次郎吉によって現在の地に創立されました。もともとこの地は、関白
秀吉の邸宅であった<聚楽第>のあった場所であり、現在も「出水」という地名が残されているように、良質な地下水に恵まれたところです。その聚楽第跡にて、千利休が茶の湯にも使ったといわれる「金明水・銀明水」を仕込み水とし、全ての酒を京都・洛中伝承の手作りの技法にて醸し続けています。

 今回はこの佐々木酒造の当主が厳選した、「聚楽第」「古都」等の日本酒5種類が登場いたします。
夏の名残の残るこの季節。凛と冷えた日本酒と特製会席弁当を楽しみながら、当主の語る日本酒談義に耳を傾けて素敵なひと時を過ごしませんか。詳細につきましては以下の通りです。

■ ■ ■ 開業30周年記念企画 佐々木酒造「日本酒賞味会」の概要 ■ ■ ■

【日時】2012年8月25日(土)
    16:30~受付
    17:00~利き酒(佐々木晃氏厳選日本酒5種類)
        お食事(特製会席弁当)

【料金】お一人様 8,000円
   (会席弁当・お酒・税金およびサービス料を含む)★佐々木酒造のお土産付

【場所】レストランkazahana(B1F)
【定員】30名(定員になり次第締め切りとさせていただきます。)

《お申込》レストランkazahana TEL 075-341-2787(直)



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング