第5回アフリカ開発会議(TICADV)関連シンポジウム「アフリカでの人道支援ってどうやっているの?」を6月2日(日)、横浜にて開催

PR TIMES / 2013年5月7日 13時15分

NGOによるアフリカでの苦労・驚き・感動の奮闘記



特定非営利活動法人(認定NPO法人)ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区、/以下、JPF)は、TICADV(第5回アフリカ開発会議)公式サブイベントとして、公開シンポジウムを開催します。アフリカで人道支援に携わる、日本でも第一線のNGO関係者や学識者の方々に登壇いただき、NGOが支援事業を計画・開始し、実行、そして終了するまでの支援の流れに沿って、支援活動で感じた苦労や驚き、感動などの奮闘記を分かりやすく語っていただきます。

参加をご希望される方は、お手数ですが、氏名、所属、連絡先を記載の上、jpf_pr@japanplatform.orgまでご連絡をお願い致します(受け付けは先着順)。
ぜひご家族やご友人とともに、ご参加をご検討頂けますと幸いです。
※TICADサブイベント会場にて、ジャパン・プラットフォームのブースも出展する予定です。

【第5回アフリカ開発会議(TICADV)関連公開シンポジウム】
アフリカでの人道支援ってどうやっているの?~NGOによるアフリカでの苦労・驚き・感動の奮闘記~

日時:2013年6月2日(日) 10時00分~11時30分
会場:パシフィコ横浜アネックスホール 小会場
(〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
定員:150人(先着順)参加費無料、要申込み

【プログラム】
第一部:ジャパン・プラットフォーム事務局よりアフリカでの実績の紹介
椎名規之
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム 事務局長

第二部:ジャパン・プラットフォーム加盟団体&学識者とのトークセッション
「アフリカでの支援開始時のきっかけは?どうやって場所や期間、分野を決めているの?」
「一番印象に残っているアフリカでの支援活動は?苦労したことや感動したことは?」
「現地の役に立ったと感じる支援って?」

スピーカー
橋本笙子氏
特定非営利活動法人ADRA Japan理事、事業部長
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム理事、常任委員

齋藤雅治氏
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン 事業部 次長

内海成治氏
京都女子大学発達教育学部教授、大阪大学名誉教授
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム助成審査委員

柴田裕子
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム 海外事業部長

ファシリテーター
原田勝広氏
明治学院大学教授、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム理事

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング