第3回日本山岳遺産サミットを開催 特別講演にはアルピニスト野口 健氏が登壇します

PR TIMES / 2012年10月12日 11時59分



インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)と、同社が2010年に設立した日本山岳遺産基金では、来る11月15日(木)「第3回 日本山岳遺産サミット」を開催し、2012年度の日本山岳遺産認定地を発表します。また、同基金のアドバイザリーボードであり、清掃登山や環境学校などの活動をされているアルピニストの野口健さんの特別講演も開催します。


■日本山岳遺産基金とは

登山の専門出版社である山と溪谷社が、日本の山岳自然環境の保全、次世代の登山者の育成、安全な登山の啓発を目的に、 2010年に設立した任意団体です。
山岳地でのゴミ拾い、マナーアップの呼びかけ活動や、青少年登山を支援するとともに、この日本山岳遺産サミットで日本山岳遺産を認定・発表し、上記の目的に沿った活動団体に助成を行っています。


■日本山岳遺産サミットとは

日本山岳遺産基金の一年間の活動を報告するとともに、未来に残したい日本の豊かな自然環境や、人と自然の関わりを有する山岳地域を「日本山岳遺産」として認定し、そこで環境保全活動や次世代育成活動を行っている団体への助成内容を発表するシンポジウムです。
第二部では当基金の趣旨に賛同する著名人を招いての特別講演を開催しています。


■特別講演は、当基金のアドバイザリーボードでアルピニストの野口 健氏

本年度のサミット第二部の特別講演には、当基金のアドバイザリーボードであり、清掃登山や環境学校などの活動をされているアルピニストの野口健さんをお招きし「富士山から日本を変える」と題した特別講演を行います。


■第3回日本山岳遺産サミット 開催概要

日時: 2012年11月15日(木) 19:00~21:00(開場:18:30)
会場: 恵比寿ガーデンルーム
   東京都目黒区三田 1-13-2 恵比寿ガーデンプレイス内
   JR恵比寿駅より徒歩 8分
   東京メトロ恵比寿駅より徒歩 12分
内容:第3回日本山岳遺産サミット
   第一部=日本山岳遺産基金 活動報告
       2012年度日本山岳遺産認定地および助成対象団体発表
   第二部=特別講演「富士山から日本を変える」
       アルピニスト 野口 健氏
参加費: 500円
(参加費は日本山岳遺産基金への寄付としてお預かりし、基金の活動に活用させていただきます。)
定員: 250名 ※会場の都合により事前の申し込みが必要です。
参加申込方法:
日本山岳遺産基金のウェブサイト
http://sangakuisan.yamakei.co.jp/
からお申し込みください。
受付後、事務局よりメールにて「参加票」を送付いたします。
申込締切: 2012年11月8日(木) ※定員になり次第、受付を終了します。
主催: 日本山岳遺産基金・(株)山と溪谷社
後援 (予定): 日本山岳協会、日本山岳会、日本勤労者山岳連盟、環境省

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング